fbpx

かんぽ生命、悪質な二重徴収は組織的詐欺。なぜ政府は販売中止・資格剥奪をしないのか?=今市太郎

このまま商売を続けていい状況ではない

保険業界に多少なりとも席を置いていた人なら、かんぽのこのやり方は保険事業者としてのモラルを著しく欠いた行為で、このまま商売を続けていけるような状況ではないと思うはずです。

国も甘い対応をせず、まずはこの事案に登場した商品はすべからく一旦売り止め(販売中止)にするとともに、販売人を再度精査し詐欺行為を働いたものは部門、個人を問わず懲戒処分にすべきではないでしょうか。

今回の問題は、そのくらい深刻な状態です。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

【関連】ドイツ銀行に公的資金投入で国家ごと沈む?嘘つきメルケルが恐れるドイツ発の世界大恐慌=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2019年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年7月配信分
  • 政府が57%株式保有の国策の詐欺生保〜かんぽ生命は即時商品売り止めが適切(7/11)
  • 日本の年金は世界一安心で安定したシステムというなら明確な根拠を示せ世耕大臣(7/10)
  • トランプが再開した中・欧への為替批判〜決定的対抗措置はいつでるのか(7/9)
  • 既存の経済学の物差しでは判断できない中銀の政策状況で先行き不明をどう乗り切るか(7/8)
  • 消費税10%後は向こう10年増税なしは本当に実現てきるのか?(7/5)
  • 世界主要中銀から消えた経済学者〜これから中銀政策は一体どうなるのか?(7/5)
  • 米株買いの日本株売りをする投機筋多発では日本株が上がるはずはない(7/4)
  • ステーブルコインに対する金融庁の見解は超厳しい(7/3)
  • 損ジャ日本興亜の4000人配転・削減に見る本邦企業の新たな労働搾取の脅威(7/2)
  • 想定外の米債金利反転上昇は今年後半相場暴落のトリガーになる危険(7/1)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年7月11日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】NHK受信料、カーナビも義務へ。ワンセグ携帯裁判では「NHKから国民を守る党」党首も敗訴

【関連】PayPay?LINE?キャッシュレスの勝者は意外な◯◯!中国アリペイの成功から見えた未来図=栫井駿介

【関連】“中高年引きこもり”で片付けるのは危険。45歳以上を「使えない」と切り捨てる大企業の闇=今市太郎

1 2 3

今市太郎の戦略的FX投資』(2019年7月11日号)より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー