fbpx

低レベルすぎる日本の仮想通貨取引所、ビットポイント35億円盗難に世界がドン引き=今市太郎

またしても日本の仮想通貨取引所がハッキングされ、35億円あまりが強奪された。今度はビットポイントジャパンだ。なぜ過去の経験が活かされないのだろうか。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年7月13日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

どうして過去の経験を活かせない?国内業者は使わない方が安全か

日本の仮想通貨取引所は危険すぎる

7月12日、またしても日本の仮想通貨(暗号資産)取引所がハッキングされ、35億円あまりの仮想通貨がまんまと奪われる事態が発生しました。

強奪されたのは、今度はビットポイントジャパン。案の定、同社が管理しているホットウォレットがハッキングされ、顧客の預かり資産25億と自社資産10億分が盗まれたということです。

仮想通貨といえばFXクラスタから見れば、まさに隣の芝生ともいうべきマーケットであるわけですが、とにかく国内仮想通貨取引所に保有通貨を保管するのは、今すぐにやめるべき状況に陥っています。

コインチェック、Zaifに続いて3回目

まぁご愁傷様としか言いようはないわけですが、このホットウォレットと呼ばれるネット接続で出し入れができるお財布は、もうハッキングされたのが国内でもマウントゴックスの一件以降、金融庁が仮想通貨取引所の業務に深く関わりだしてからも、コインチェックZaifに次いでビットポイントということで、立て続けに3回起きているわけです。

いい加減、何か違うセキュリティの方法を考えるべきではないかと思うのですが、現時点では詳細不明なるも、またしても同じ脆弱性のあるポイントを突かれる形となってしまい、ごっそり仮想通貨を盗まれる事態に陥っています。

Next: どうして過去の経験を活かせない?世界的に見てもレベルが低すぎる

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい