fbpx

「米国人の外食離れ」レストラン需要急落の怪~本当に好況なのか?

さならる兆候。米国鉄道輸送量が減少中

米国鉄道協会の2016年2月3日付発表の要旨を紹介します。
※2016年2月8日月曜日配信記事の続編となります

発表のポイント

米国鉄道輸送量(無蓋貨車、コンテナー、トレイラー等の合計輸送量)の2016年1月輸送実績は200万7666輌で、2015年1月輸送実績の215万5890輌と比較して7.3%の減少であった。このデータから、グラフ(イ)を自作しましたので見てください。

特に減少が目立ったのは、石炭のマイナス33.3%。原油、石油製品でマイナス19.4%。土砂、鉱石等で10.3%のダウン。化学製品や自動車、部品等は横這い、ないし微増でした。

鉄道輸送量の評価には、月間平均の輸送量もあります。そのグラフは(ア)で 2016年1月最終週で見ると、米国鉄道輸送量(週)は前年と同じ週比較で6.5%のダウンとなっています。

160223kan2ai

北米地域、すなわちメキシコ、カナダ、米国の合計鉄道輸送量は、2016年1月最終週で見ると、鉄道輸送量(週)は前年と同じ週比較で13%のダウン。

カナダだけで見ると、2016年1月最終週の鉄道輸送量は12.4%ダウン。メキシコ地域では2016年1月最終週の鉄道輸送量は0.7%アップ。

大して減っていないではないか!と考えるのは間違いです。輸送量が減れば、当然GDPも応分の比率で減るのですから。

【関連】沈み行くアメリカと米ドル。ロシアとイランの計画、新たな2つの兆候

1 2
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2016年2月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー