fbpx

天才投資家ジム・ロジャーズが東京五輪を猛批判「借金が膨らみ、悪い結果にしかならない」=花輪陽子

危機はチャンス

ロジャーズ氏は「資産を倍増させたいなら、『危機』をチャンスと捉えよ」とも言います。

「投資家としての私の基本的な戦略から説明しよう。それは『安く買って、高く売る』というものだ。そんなことはわかっている、と言うだろうか」

投資で勝つための法則は、至ってシンプルです。しかし、言うのは易く、実践するのは難しいのです。

「ほとんどの投資家は、強気(ブル)相場ばかりに目を向け、弱気(ベア)相場は気にもかけない。私は逆だ。『どこがベアか』という目でつねに投資対象を探っている。人々が過熱するブルマーケットに夢中なときに、そうした人々が目を向けない割安なものを探すのだ」

リーマン・ショックや東日本大震災のような時、優良銘柄であっても、世界情勢に引っ張られて暴落をしました。そこで、優良銘柄やETF(上場投資信託)を買えば儲けることができました

ロジャーズ氏も、このタイミングで日本株に投資をして大儲けをしています。

ビットコインなども度々大暴落をしますが、その時にコツコツ買い増しをするもの手かもしれません。

危機に立ち向かうのは勇気がいる

しかし、メディアでも悲観論が流れる中で、投資するのは勇気がいるものです。

株を買うときは、誰もが絶望に打ちのめされ、『株の話などもうごめんだ。聞きたくもない』などと口にしているときがいい。そうしたときの株式市場は底であり、上がるのを待つだけだ」

「上がるのを待つ」というのも、なかなか難しいかもしれません。

リーマン・ショックの時に日本株を安く買えたとしても、上がるまでにかなり時間がかかりました。その間に、震災もありました。上がるまで持ちこたえた人は多くないでしょう。実際、日本株を持っていた多くの投資家はパニックになりました。

しかし、そうした絶望にさいなまれたときにこそ、株を買わなければならないのです。

Next: 富裕層は大暴落を待ちわびている? 私たちはどう対処するべきか

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー