fbpx

天才投資家ジム・ロジャーズが東京五輪を猛批判「借金が膨らみ、悪い結果にしかならない」=花輪陽子

安い時に買えば、失敗してもダメージは少ない

アジアの富裕層は、リーマン・ショック級の大暴落を待ち構えています。

強気(ブル)相場の今は、キャッシュポジションを高めています。大暴落時に備えて、株、不動産、会社などを安く買うためです。

ロジャーズ氏はこう説明します。

安く買うことのメリットは、たとえ予想が外れたとしても大損をすることはない点にもある。今、政情不安が続くベネズエラに投資をするのであれば、おそらく一文なしになるほどの損害を受けることはない。すでに悲惨な状態で、相当安くなっているのだから」

高いときに買えば、もし半値になったりするとリスクは大きくなりますが、十分に安いときに買えば、半値に下がったとしても大きな損害を負いにくいのです。

例えば、不動産でも新築の現物不動産に投資をする場合、広告費などで10%以上は上乗せされているのでコストを上回るリターンを出すのはなかなか大変です。

しかし、デベロッパーの開発案件や競売物件に投資をする場合、十分に低い価格で購入をしているので、損をする確率はかなり下げることができます。

大きく上がるものを安く買う方法は?

投資家として一番重要なことは「負けないこと」です。

ただし、ただ単に安いだけで「上がらないもの」を買っても意味がありません。大きく上がるものを安く買うには、どうすればいいのでしょうか。

「将来性を測るには、大きな視点で変化をつかまなくてはならない。そこで探るべきものが、変化の『触媒』だ。投資家は、割安株を暴騰させる『触媒』を探すことが重要だ。北朝鮮であれば、金正恩の存在が『触媒』になるだろうし、ロシアのプーチンによる極東開発もそうだろう」

自分が他人より精通する分野で株式投資をするなら、「触媒」にいち早く気づくことができます。

Next: 成功につながる「好ましい変化」に気がつくには?

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー