fbpx

「ゼロックス」のブランドを捨てる富士フィルム、生き残りをかけた戦略と意気込みとは=柴山政行

自ら市場を開拓するという意気込みを感じる、ゼロックスとの決別

「柴山コピー機」という名称を聞いたら、なんじゃそれ?となって、怪しそうで、そのコピーを使う気になれないですよね。

柴山会計ラーニングの簿記教材、というからそれを知っている方には簿記教育の信頼性を感じていただいて、教材の購入につながるのと根本の原理は同じです。

その分野での実績や知名度があるブランドは、その名称やノウハウを使用することで収益機会が増大しますから、そこに利用価値が生じるわけです。

ゼロックスのブランド・ノウハウと決別することで、自ら市場の開拓をしよう!という意気込みを感じます。

いっぽうで、ゼロックスから請け負っているOEM(相手先ブランドによる生産)は当面継続する、ということで、一気に関係をなしにするのではなく、様子を見ながら今後の展開を徐々に変化させていく余地を残しているのだと思います。

これを受けて、富士フィルムの株価と今後の業績がどうなるか、気になりますね。

【関連】日本株市場に新たに台頭してきた買い手とは?着実に増加してきた自社株買いの背景=若林利明

【関連】株価上昇で市場は好感?JフロントリテイリングがTOBでパルコを完全子会社化へ

【関連】米国系ヘッジファンドの売買が70%を占める?東証がNYダウの株価に引きずられるワケ=吉田繁治

image by : Lutsenko_Oleksandr / Shutterstock.com

時事問題で楽しくマスター!使える会計知識』(2020年1月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

[無料 週刊]
旧題「日経でマスター!使える財務分析」。決算書、会計知識、財務分析を、日経新聞等と絡めて解説!効果…(1)お金の流れがわかる(2)企業診断ができる(3)株式で利回り10%以上が可(4)ビジネスで差がつく(5)日経新聞が深く読める!→サンプルは発行者サイトで!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー