fbpx

「GODIVA」じゃない、食べられない…。コメダ珈琲店とのコラボが生んだ2つの悲劇

今日はバレンタインデーだが、高級チョコレート専門店「GODIVA(ゴディバ)」の人気から生じた悲痛な声が、ネットに続々と投稿されている。

2月7日からコメダ珈琲店で提供されていたコラボ特別商品が、たった5日で「販売終了」して食べられなかったというものだ。コメダ珈琲店のHP でも2月11日に「好評につき販売を終了させていただきました」というお知らせが掲示されている。

「GODIVA×コメダ珈琲店」のコラボ商品 は、コメダ珈琲店の人気商品「シロノワール」のソフトクリーム部分がチョコレートソフトクリームに置き換わった「ショコラノワール」など8種で、ゴディバジャパン社のシェフ ショコラティエ/パティシエが監修したもの。値段はそのまま、数量限定で販売されていた。

出典:@Press、ショコラノワール

出典:@Press、ショコラノワール

豪華なコラボレーションに発売初日から目当ての客が殺到し、発売2日目には一部コラボ商品が売り切れる店舗が続出したようだ。

悲痛な声は、こうした「販売終了」を嘆くものばかりではない。Twitterでは、商品のイメージ写真と実物との違いに驚く声も多く投稿されていた。この出来栄えについては、店舗ごとにバラつきがあったようだ。

Next: 店舗選びがキモ?実物を見て「ガッカリ…」の声も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー