fbpx

なぜ新型肺炎で円急落? 嘘っぱちだった「有事の円買い」「安全通貨の円」の正体=栫井駿介

これまでは「有事の円買い」と言って、何かあれば円が買われることが一般的でした。例えば、東日本大震災後には一時70円台にまで円高が進みました。しかし、この常識が崩れつつあります。現在のような「有事」でも、円安が進んでいるのです。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】楽天「送料無料」騒動で客離れ加速?なぜAmazonやYahoo!と差がついたのか=栫井駿介

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

「有事の円買い」ではなかったのか!?

先週は為替に大きな動きがありました。ドル/円が一時112円台にまで急速に円安に転じたのです。

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

理由として考えられるのが、新型コロナウイルスの影響です。ダイヤモンド・プリンセス号のみならず、日本では市中感染が明白なものとなり、諸外国から厳しい目が向けられています。

これまでは「有事の円買い」と言って、何かあれば円が買われることが一般的でした。例えば、東日本大震災後には一時70円台にまで円高が進みました。

しかし、この常識が崩れつつあります。現在のような「有事」でも、円安が進んでいるのです。

そもそも、これまでNHKのニュースですら「安全通貨としての円の需要が高まり…」と「有事の円買い」を説明していましたが、これは間違いです。日本政府の財政は悪く、「安全通貨」にはなり得ないからです。

本当に安全を求めるなら最強通貨のドルを買うでしょう。

有事の円高の原因は「円キャリー取引」にありました。かつては、日本円は他の通貨と比較して低金利でした。低金利の円でお金を借り、ドル転して投資することで、少なくとも短期的にはさやが抜けたのです。この際「円売り」の需要が発生し、円安になっていました。

そんな中で、金融市場にリスク・オフの動きが強まると、保有していた有価証券を売る動きが生まれます。その際借りた円を返さなければなりませんから、上記とは逆の「円買い」の需要が発生するのです。「有事の円買い」とは、このようなメカニズムで発生していました。

ただし、状況は刻一刻と変化しています。今や世界各国が金利を引き下げ、日本と諸外国の差はなくなりました。そのため、「円キャリー取引」がなくなってしまったのです。

すると、現在のように日本の経済状況が不安視されるような状況になると、その後の日銀による金融緩和に対する思惑が高まります。金融緩和は円安に結びつきますから、それを見越した円売りが入ったと考えられます。

現象が変わっても、本質は変わらない

私はずっと「安全通貨としての円」という表現に違和感を持っていました。これだけ財政の悪い国の通貨が安全通貨なわけがありません。ニュースでこの言葉を聞くたびに、奥歯にものが挟まったような感覚を覚えていたのです。

何とか違和感を払拭しようと調べた結果、円キャリー取引によるものという仮説にたどり着きました。こちらのほうが圧倒的に説得力がありました。

今起きていることは、この仮説を十分に補強する材料になっていると思います。すなわち、円キャリー取引が姿を消した今、「有事の円買い」はもはや発生しないのです。

単に為替の動きだけを見て「これまでの常識が通用しない!」と騒ぎ立てる人も少なくありませんが、自分の頭でその裏にあるメカニズムを紐解くと、本質的な部分は何も変わっていないことがわかります。

だからこそ、物事を見るときには現象だけを見るのではなく、その本質を探そうと心がけることが大切です。そうすれば、目の前の喧騒に惑わされず、落ち着いた心で日々を過ごすことができるようになります。

Next: 為替変動は完全に無視していい? 私が円安でも外国株を買う理由

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー