fbpx

五輪延期は東京パンデミックの序章?都市封鎖と真実公開で日本株は再暴落へ=今市太郎

ようやく東京五輪の延期が発表されました。ここから注意すべきは、日本での感染加速と、今まで隠蔽してきた感染者数の真実公開による相場再暴落です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年3月25日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

東京五輪「延期」でコロナ被害の真実があふれ出す

ずいぶんと時間がかかった印象がありますが、ようやく東京五輪は1年延期、名称はそのまま「2020年東京オリンピック・パラリンピック」となることが、IOCと日本政府との間で決定しました。

市場では、アク抜けして相場が反転する機会となった、などという楽観的な見通しも飛び交いはじめています。

個人的にはかなり呆れる状況ですが、ここからもっとも注意しなくてはならないのが、国内で隠蔽され続けてきた感染者数の問題です。

五輪延期を機に事実が公表されはじめれば、相場に対する影響も絶大なものになるリスクが高まります。

日本は感染加速時間帯

JPモルガンがコロナウイルスのスケマティックチャートを開示していますが、それによるとすでに中国は一国だけリカバリーステージに入っており、ここからは終息のタイミングがいつになるのかが大きく注目される状況となっています。

一方、韓国は感染加速の最終段階にあるとのことで、それをイタリアやイランが追随する状況になるようです。

また加速がまさに足もとで進んでいるのが、スペインやドイツ、フランスで、米国と英国がそれを追随しています。

日本は感染者数が少ないことから、さらにその背後でこれから感染が加速することが予想されています。

ただし、多くの日本人がすでに実態に気がついているように、この国に感染者数が少ないのはまとものPCRの検査を行なってきていないからで、都市部の閉鎖などについても欧米諸国の状況とはまったくことなるルーズな状況に甘んじていることから、実際の感染者数は正確な検査とその中身の公表が進めば、莫大なものになる危険性に直面しているのが実態です。

Next: 仮に日本政府も東京都も、もはや五輪開催を気にせず事実を公表し始めた場合――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー