fbpx

三井住友、純利益で三菱UFJを抜くも共倒れの危機?バフェットも見限る銀行業の暗い未来=栫井駿介

2020年3月期決算で、三井住友フィナンシャルグループ(三井住友)<8316>が三菱UFJフィナンシャルグループ(三菱UFJ)<8306>を抜いたことが話題になっています。この逆転劇は銀行業界における新たな時代の到来を示しているのでしょうか。人員削減なども話題となる中、銀行業界の行く末を占います。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】コロナはユニクロに追い風? 親会社4割減益予想もオシャレ不要の世界で天下を取る=栫井駿介

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

非効率だらけの銀行が嫌いだ

個人的な話から言えば、私は銀行が嫌いです。

窓口に行くと、長い時間待たされます。番号札を取り、10分ほど待つとようやく番号が呼ばれ手続きに入ります。しかし、そこから書類を記入しなければなりません。

やっと記入したかと思うと、今度は「ふりがな」がないと指摘されます。法人だと会社名+役職名+代表者名まで書かないといけないので、枠が足りません。下に大きくはみ出しても良いから書けと言われてしぶしぶ書きますが、そもそも会社名は平仮名なので、ふりがなの必要性を感じません。

そんな感じで不承不承やっているとすべからく間違えるので、二重線と訂正印を押さなければならず、また時間がかかってしまいます。

やっとの思いで書類を書き上げると、そこからまた事務処理の時間を待たされ、1時間ほど経ってようやく手続きを終えることができます。気がつくと待合室は人でいっぱいです。

もうこんな思いはしたくないとオンラインで済まそうとしますが、法人だと手数料がかかり、使える手続きも限定的です。おまけにオンラインなのに利用時間が平日の一部のみだったりして、途方に暮れてしまいます。

これがネット系の銀行だったら、無料で24時間365日受け付けています。しかし、店舗のある銀行限定の手続きもあるため、嫌いでも利用しなければならないのはとても苦痛です。

銀行の人員削減が話題になっていますが、これは当然のことだと思います。窓口の人が悪いわけではありませんが、あまりに非効率がはびこっていて、顧客のためにもなっていないのです。昭和のビジネスモデルを引きずる、時代錯誤の産物です。

三井住友、純利益で三菱UFJを初めて上回る

話を戻します。2020年3月期の三菱UFJの純利益は5,281億円、三井住友の純利益は7,038億円と、三井住友が上回りました。これは2005年に3メガバンク体制になってから初めてのことです。

純利益推移(億円)

純利益推移(億円)

もっとも、これで勢力図が塗り替わったわけではありません。

三菱UFJは、新型コロナ・ショックで出資している東南アジアの銀行の株価が値下がりし、減損処理せざるを得なくなりました。一時的なことですから、これを除くとまだ三菱UFJが上回ります。

Next: 今回瞬間的に逆転が起こったのは、両社の特徴の違いに原因がある――

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー