fbpx

三井住友、純利益で三菱UFJを抜くも共倒れの危機?バフェットも見限る銀行業の暗い未来=栫井駿介

経営陣は孫を見て勉強せよ

銀行にできること言えば、とにかく生き残るためにコストを削ることくらいしかないように思えます。人員削減はその中で最も手っ取り早い策でしょう。

しかし、このような状況に陥ってしまったのは、かつての安定した状況にあぐらをかいていたからではないでしょうか。少なくとも、冒頭で語った私の経験のようなことを踏まえると、顧客のことを考えているとはまったく感じられませんでした。

一方は、楽天やヤフー(ジャパンネット銀行)などのネット系銀行は、低コストと利便性の高さで評判を獲得し、事業を拡大させています。そもそも、お金はバーチャルかつ曖昧さのないものですから、ITとは抜群に相性が良いはずなのです。

それを有効に活用することなく、いつまでも顧客に不便を強いてきたことは経営の怠慢でしかありません。

今、銀行に求められているのは「フィンテック」なんて格好の良いものではありません。顧客を向いて少しでも使いやすいシステムを開発し、柔軟に導入し続けることです。

ITに疎い経営陣は、自分の孫がスマホを自由に操る姿を見て勉強するべきです。

デジタル化は自社のコスト削減にも直結します。それを実行することができれば、やがてはこの苦境から抜け出し、真に会社の価値を伸ばすことができるでしょう。今はまさにその過渡期と言えるのです。


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】セブンイレブン、業績好調なのに大量閉店の闇〜月収26万円で疲弊するオーナーたち=栫井駿介

【関連】しまむら、客離れ加速で業績悪化。ユニクロを目指して主婦に嫌われる大失策=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは下げ相場で買うのか?暴落が楽しみになる「Buy the Dip」の極意=栫井駿介

image by:Ned Snowman | II.studio / Shutterstock.com
1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2020年5月18日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー