fbpx

緊急事態宣言は人気店も軒並み潰す〜2か月の休業で年間利益がすべて溶ける=井戸実

飲食業を営んでいて、月商1億円、年商で12億円規模の会社を事例にしたいと思います。「年商12億円で、年間5,000万円の利益が出れば立派だよ」という世界で、1か月の休業コストで2,600万円を失ったことになります。そして緊急事態宣言の延長。2か月の休業で、「立派」な外食企業の年間利益が溶けたのが確定したのがわかりますよね?(『<ロードサイドのハイエナ> 井戸実のブラックメルマガ』井戸実)

※本記事は有料メルマガ『<ロードサイドのハイエナ> 井戸実のブラックメルマガ』2020年5月13日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にご購読ください。

プロフィール:井戸実(いど みのる)
神奈川県川崎市出身、1978年1月19日生まれ。川崎市で一番偏差値の低い工業高校を卒業後、寿司職人の修業を経て、数社の会社を渡り歩いて26歳で目黒区祐天寺に居酒屋を開業。2006年7月にステーキハンバーグ&サラダバーけんを開業し、同年9月に(株)エムグラントフードサービスを設立

コロナ禍で大手飲食チェーン店の営業成績は…

さて、緊急事態宣言が発動された地獄の4月度の営業スコアが上がって参りました。

もう圧巻としか言いようの無いスコアに驚いたのが、王者「マクドナルド」です。既存店前年同月対比が、なんと106%とのことです。減少どころか上げて来たことに驚きしか感じません。

吉野家も強かったですね。既存店のスコアは96%で着地しました。一方、松屋が77.4%というスコアでした。この違いの分析ができません。なんで吉野家が良かったのに、松屋は駄目だったんだろ。

ファミレス各社も例外なく撃沈してます。サイゼリヤは38%という落ち込みでした。もちろん同社創業来、初めての異常事態です。店舗営業ではソーシャルディスタンスを保つために、席を1テーブルずつ潰して実質半減となりました。4人テーブルが4つ並んでいて通常16席稼動できるエリアが、1テーブルに1人客が2卓稼動していて、2名しか集客できないなんていう状態で営業をしております。

さらに、アルコールを多く摂取すると声も大きくなり感染リスクも拡大することから、ボトルワインの販売停止やアルコールの販売制限をした結果、多くの機会損失が生まれ、この減少率となりました。なんかこう言ってはアレですが、負けるべくして負けた感じがしますね。

スシローも負けましたね。前年同月比55%という数字でした。テイクアウトが好調だと耳にしていたのですが、店内客を補うには程遠いスコアだったのですね。

そしてアルコールの提供を19時までと、ふざけた要請で息の根を止められた居酒屋業態ですが、ワタミが強烈なスコアを発表してくれました。既存店前年同月比7.5%です。ワタミに限らずですが、例外なく居酒屋業態を展開している会社の実状です。そしてこれが5月も続くわけです。なんともエゲつない数字が出て来ることでしょう。

ロイヤルホストの「ロイヤルHD」が苦境に

ロイヤルホスト等を展開する「ロイヤルHD」が相当厳しいと思うんですよね。ロイヤルHDは大きく分けて外食事業・コントラクト事業・機内食事業・ホテル事業と多角経営を展開しております。

まず外食事業に関しては、主力業態のロイヤルホストやカウボーイ家族。グループ会社に天丼の「てんや」やHUBなどがあります。てんやも4月の昨対は59%。HUBに関してはクラスターを発生させてしまい、4月7日より全店休業を継続中であります。5月いっぱいは全店休業確定なので、昨対は0%になります。死亡ですね。これら外食事業の2019年度の売上は626億円で経常利益は23億円です。

次にコントラクト事業ですが、空港ターミナル内や高速道路のPA、オフィスビルや医療介護施設、コンベンションセンターと言った特殊エリアで展開するレストラン事業で、このセグメントの売上は、346億円でセグメント利益は14億円です。こちらも空港は悲しいほどに撃沈してます。サービスエリアも厳しい状況です。安定して利益を出し続けていた機内食事業においては、関空、福岡空港、那覇空港等において、機内食の調製業務と搭載業務を受託しております。セグメント売上高は95億円で経常利益は10億円です。こちらももはや飛行機なんか飛んでおりません。壊滅的な状況です。

そして最後にホテル事業ですが「リッチモンドホテル」の屋号で全国に43店舗を展開しております。実は一番の稼ぎ頭がホテル事業で、セグメント売上は302億円。経常利益は36億円です。もう言うまでもありませんが、ホテル事業者も大変な状況となってます。

幸いにしてBS(バランスシート)は軽い会社で、自己資本比率は49%と優良企業です。グループ1,400億円の規模の年商がありながら、長短借入が30億ちょっとしかありません。ホテルがたくさんあるので。リース債務は260億と膨らみますが、売上規模を考えると適正範囲です。

ただ現預金が44億円と、この年商規模にしては若干、心許ないですね。恐らくこのコロナの状況ですでに資金調達を済ましていると思いますが、100億円単位の調達になるでしょうね。1,400億円もやってたら、今回のコロナなんか月に10億〜20億は軽く吹き飛びます。

あまりに規模が大きいので、もう少し小さいスケールで解説したいと思います。

Next: 飲食業を営んでいて、月商1億円、年商で12億円規模の会社を事例に――

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー