fbpx

au「KDDI」の名を捨て天下取りに本気。auPAYの失策大炎上を経て快進撃が始まった=岩田昭男

auグループの快進撃が始まった。ポイントを「Pontaポイント」に統合するなど、本格的に数(会員)を取る戦略に出てきた。これまでドコモとソフトバンクの影に隠れていたauが、トップを取る意志をはっきりみせたといえる。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※有料メルマガ達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』好評配信中!ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。

auの変身が進んでいる

5月下旬以降「auWALLETポイント」が三菱商事系の「Pontaポイント」に統合される。

auは激しくなるスマホ戦争を勝ち抜くため、ソフトバンクとドコモに対抗して、共通ポイントの「Pontaポイント」と連携する道を選んだ。

業界第2位の「Pontaポイント」はすでに登録者9,436万人を越えており(2020年4月末時点)、コンビニのローソンだけでなく、リクルートの「ホットペッパー」「じゃらん」など、auの垣根を越えて幅広い場所で利用できるようになる。

いよいよ本格的に数(会員)を取る戦略に出てきたわけで、これまでドコモとソフトバンクの影に隠れていたauが、トップを取る意志をはっきりみせたといえる。

前代未聞の大規模改革の内容

auはいま天下取りのために、グループのすべての部門で様々な改革を実行中なのだが、その内容もすごい。

まずは、「KDDI」の名前をすべて外して、「au」に統一するという荒業を行っている。auの運営会社KDDIは通信事業のほかにも様々なサービスを運用しているが、名称がそれぞれで異なっており、同じグループであることがわかりにくかった。

そこで2019年4月1日にauフィナンシャルグループホールディングス株式会社を立ち上げて、傘下8社の名称の先頭にauを付けることでグループであることをアピールすると共に、通信事業との連携を強化する全社横断的な大改革をおこなっているのだ。

・株式会社KDDIフィナンシャルサービス → auフィナンシャルサービス
・ウェブマネー株式会社→ auペイメント
・じぶん銀行 → auじぶん銀行

ほかにauを冠することになったのは「カブコム証券」「アセットマネジメント」「損保」「Relnsurance」「フィナンシャルパートナー」の計8社となる。

次に行われたのが、先に述べたポイントサービスの大転換である。「auポイント」をやめてすべて「Pontaポイント」に変えた。

それだけでなく、「au WALLET」もまた名称を変更して「au PAY」となる。小口融資の「スマートローン」や「クレジットカード」など提供されていたサービスも、すべて「au PAY」の新名称へと移行してそのまま提供される。

Next: この大改革について、auフィナンシャルホールディングスの担当者は――

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー