fbpx

日本経済、コロナで原爆も空襲もなく焼け野原へ。GDPマイナス25%の世界が来る=今市太郎

日本の4〜6月期GDPがマイナス25%になるとの衝撃的な予測が出ています。実額としては20兆円近い消費の落ち込みになるわけですから、それはもうすさまじい数字であると認識すべき状況です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年5月26日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

まもなく日本経済の悪化が可視化される

世界的に「経済の早期再開期待」などという浮ついた理由から、国内の株価も上昇を維持しています。しかし、国内経済の前のめり再開のおかげで、いよいよ実態経済の悪化のひどさが可視化されてくることになりました。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

そのため、これまでに正確に感じられなかったその壊滅的悪化ぶりを、ようやく多くの国民が身をもって感じさせられる時間がやってくることになりそうです。

四半期GDPは終わってから発表になる遅行指標ですから、正確な数字が示現するのは7月以降。そもそも本当の数字がちっとも良くわからない疑惑の殿堂内閣府がまとめるので、手心が加えられる心配もあります。

GDPマイナス25%の世界が来る

米国アトランタ連銀が想定する4~6月のGDP縮減率はマイナス42%超という猛烈な数値になっていますから、日本で予想されている「マイナス25%」程度の数値はさらに悪化することさえ考えられる状況になってきています。
※参考:日本の4-6月期GDP予想、マイナス25%に下方修正-ゴールドマン – Bloomberg(2020年4月8日配信)

しかも、第2四半期の一時的な落ち込みだけで終わるかどうかは、まだ誰にもわからないのが実情。今年1年間の落ち込みは、我々が足元でほのかにイメージする内容より遥かに悪化することだけは間違いなさそうな状況です。

第2四半期だけで25%のマイナスGDPが示現した場合、実額としては20兆円近い消費の落ち込みになるわけですから、それはもうすさまじい数字であると認識すべき状況です。

国内の市場をネットのチャート上から見ている投資家にとっては、どうもまったくリアリティが感じられないものになってしまっているようです。

Next: 年初まで人手不足がよく語られていましたが、足元ではもうまともなバイト――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー