fbpx

コロナ失業で強制的に専業主婦へ。もはや共働きじゃないと生活できない日本社会=山本昌義

新型コロナウイルスの影響で夫(もしくは妻)が仕事をクビに……ということも他人事ではない世の中になりました。夫婦の片方が失職すると世帯年収が減り、今後の生活や子育てにも不安が募ります。今回は、そんな方からの質問に結婚FPの立場からお答えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

【関連】コロナで結婚したい人が急増? 今から婚活に挑む40代前半女性の勝算は=山本昌義

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

コロナで失職……どうする?

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代後半の既婚男性から、家計不安についての相談をいただきました。「妻が非正規でクビになった。自分ひとりで妻子を養えるのか不安。大丈夫?」という内容です。

当人は年収600万円の会社員で、子どもは2人。奥さんは非正規で年収200万円だったが、コロナでクビに。当面は働けない様子です。

何とも厳しい現実ですね……。しかし、現実逃避をしていても何も始まりません。この機にしっかり現実を見つめましょう。

今回は、コロナによる急な家計不安について大切なポイントをお伝えします。

貯蓄でいつまで生活できるのか?

さて、まずは基本ですが、「減収額が年間貯金額の範囲か否かを考える」。この点を先に考えてみましょう。

理屈のうえでは簡単な話です。あなたの場合、減収したのは200万円なので、去年1年間の貯金額が200万円程度かどうかになります。

去年の貯金額が200万円を超えているなら、単に「今年は貯金できる額が減るだけ」です。特に生活への影響はありません。

しかし、もし200万円を超える貯金ができていないなら、今後は相応に貯金を取り崩す必要がでてくるはずです。

そして、何年・何ヶ月程度は耐えられるでしょうか?

コロナは短くとも1~2年は影響すると考えられますから、この程度の期間を耐えられそうかどうかが重要です。

ちなみに私の経験上、世帯年収800万円で、毎年200万円を貯金している世帯は稀な部類と言えます……。

長く耐えられそうにないなら、一定の対策が必要です。

・奥さんに別業種で働き口を探してもらう
・貯金が減らない程度にまで節約に努める
・自身も含めて副業や転職などを考える

ともかく、まずは今を乗り越えることが先決と言えます。自身の置かれている立ち位置をしっかりと理解しましょう。

Next: さて、大切なポイントは「将来的な教育費や老後資金が十分貯まるか否か」――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー