fbpx

コロナ失業で強制的に専業主婦へ。もはや共働きじゃないと生活できない日本社会=山本昌義

人生設計に狂いは?

さて、並行的に大切なポイントなのですが、「将来的な教育費や老後資金が十分貯まるか否か」。今を乗り越えたら、この視点も重要になります。

ちなみに、教育費と老後資金の一応の最低目安は、大学資金で1人700万円、老後資金は政府発表にもあった2,000万円です。

ただ……実際には大学費用は仕送りで1,000万円を超えることもあり、老後資金は倍の4,000万円必要ということも多いと言えます。

実質的に奥さんに(一時的とはいえ)専業主婦になってもらい、そのうえで、これらのお金を貯められそうでしょうか?

「家計が大丈夫かどうか」は目先の生活ではなく、先々の生活も含めて大丈夫かどうかを考えることが重要です。そして、上記のお金を十分に貯められると考えている方は、コロナ前であっても少数派と言えます。

このため、一般論で言えば、やはり1人で妻子を養うのは厳しいのが実情でしょう。大丈夫ではないのであれば、目先の生活のためも含めて、やはり一定の対策が必要になります。

なお、今回のコロナは遅れて影響が出る可能性もあり、夫であるあなた自身の雇用や年収も今後は変わるかもしれません。

これを機に抜本的に家計を見直して、改めて「余裕のある家計」を目指しましょう。

何よりもまず「減収額」と「貯蓄額」のバランスを見る

最後にちょこっと。コロナで夫婦の一方がクビになった……夫側がクビになっている世帯も多いですね。

まずは、減収額と年間貯金額の比較が大切です。減収のほうが大きいなら、ほぼ確実に貯金が減ります。早期に一定の対策を取っていきましょう。

そのうえで「未来のお金」も考えることが重要です。コロナでも必要額は減りません。むしろコロナで一層、準備が大変になりました。何とか努力して、未来を切り開いていきましょう。

なお、ライフプランやマネープランを作りたい方、取れそうな対策を一緒に考えてほしい方は、私でよければ、いつでもご相談下さいませ。

【関連】「人生どのタイミングで結婚相手を決めるべきか?」を数学的に解明する Secretary Problem=三浦茜

【関連】独身では生き抜けない国になった日本。「結婚しない」選択がもたらす悲惨な未来=山本昌義

【関連】世の女性たちが知らない、男から見た「将来億を稼ぐ男性」の条件=午堂登紀雄

【関連】「専業主婦」世帯は高確率で貧困に?婚活女性の覚めない夢と、支えきれない男の現実=山本昌義

image by:KiattisakCh / Shutterstock.com
1 2

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2020年6月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー