fbpx

貯金できない人は○○を決めていない? 自分に適した貯金方法の見つけ方=牧野寿和

住宅購入や子どもの大学受験・入学費用など、人生には数回「まとまったお金」が必要になる時が来ます。そのための資金は準備できていますか? 今回は、その人ごとに適した貯金方法の基本をファイナンシャルプランナーとしてお答えします。(『【人生の添乗員(R)】からのワンポイントメッセージ』牧野寿和)

プロフィール:牧野寿和(まきの ひさかず)
ファイナンシャルプランナー、牧野FP事務所代表。「人生の添乗員(R)」を名乗り、住宅取得計画やローンプラン、相続などの相談業務のほか、不動産投資、賃貸経営のアドバイスなども行う。著書に『銀行も不動産屋も絶対教えてくれない! 頭金ゼロでムリなく家を買う方法』(河出書房新社)など。

人生には数回「まとまったお金」が必要になる時が来る

住宅を購入する時の頭金や子どもの大学入学費用、ご家庭によっては卒業するまでの教育費などなど、1度に高額なお金を支払う、いわば「まとまったお金」が必要になることが生涯のうちには何度かあります。

必要な時に必要な額だけ、まとまったお金を随時支払うことができるご家庭であれば、お金を貯めることは必要ないかもしれません。

ただし、このようなご家庭でも生涯の家計収支を考え、具体的には老後の生活費なども考慮する必要があります。また、予期しない急な支出のために、ある程度の現金はどんなご家庭でも手元に置いておくことは必須です。

そのために、普段からお金を貯めておくことが必要なのです。

しかし、お金の貯め方は、その人ごとに違います。むやみに貯めようとしても貯まらないこともあります。そこで今回は、その人に適したお金の貯め方をお伝えします。

目的を決めてお金を貯める

まずは「衝動買い」をしてしまう人のケースを考えましょう。

今まで目的もなく単にお金を貯めていたが、少々値段が張るものを家計の後先を考えないで買ってしまった……ということはありませんか?

衝動買いした理由を聞いてみると、その品物を買うと決めた時は瞬間的に、今までもお金を貯めることができたから、また貯めていけばよいと思ったと言う人がいます。

このような人は往々にして、お金を貯める必要性は自覚していても、お金を貯めて何に使うのかの「目的」と「目標金額」をしっかり決められていません。

冒頭でお話をしたように、例えば「住宅を購入する」ためにお金を貯めると決めたら、「頭金を○○万円作るために、これから〇年間、毎月〇万円ずつお金を貯める」と、貯める目的と貯める額を決めれば、衝動買いはしなくなり、目的のためにお金を貯めることができます。

確かに、お金の貯め方には様々な方法があります。

しかし、お金を貯める目的がなく単にお金を貯めていくだけでは、どんな方法でお金を貯めても、いつの間にか貯めたはずのお金が「また貯めればいい」と、知らず知らずのうちに浪費してしまい、どこかに行ってしまう危険もあるのです。

人それぞれ適したお金の貯め方がありますので、次に見ていくことにします。

Next: お金を貯める方法は多くの場合、金融商品を利用します。もっとも簡単な――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー