fbpx

株主優待「改悪」続くか。2020年上期発表の残念な優待改悪銘柄ランキング=トコタン

今回は2020年前半に優待が改悪された残念な優待銘柄をランキング形式でご紹介します。

プロフィール:トコタン
投資歴20年。長年の経験から、優待とキャピタルゲイン(値上がり益)を得ながら資産を形成した優待投資家。運用ブログ『とことこトコタンの株主優待ブログ

《優待改悪で残念な優待銘柄:第3位》MORESCO<5018>

MORESCOは、独立系の化学品メーカーで、自動車向けなどの特殊潤滑油、合成潤滑油、素材、ホットメルトが4本柱となっている会社です。こちらの株主優待は、2月末権利の年1回、継続保有期間に応じて優待品がもらえていました。

《優待銘柄情報》
MORESCO<5018>
最低単元購入価格:9万8,600円(※7月29日終値)
権利付き最終日:2月末
《優待内容》

(変更前)2020年2月末権利まで
100株以上 3年未満 兵庫県の物産品2,000円相当/3年以上 兵庫県の物産品3,000円相当

(変更後)2021年2月末権利から
100株以上 3年以上 QUOカード1,000円分

こちらの株主優待は、2月末権利の年1回、これまでは100株以上を保有する株主に、継続保有期間に応じて、2,000~3,000円相当の兵庫県の物産品をもらえていました。

200730tokotan_moresco

変更後は、兵庫県の物産品の代わりに「QUOカード」がもらえますが、条件が付帯され100株以上を3年以上継続保有する株主のみとなるのに加えて、QUOカードも1,000円分に統一となりました。そのため、継続保有期間が3年未満の株主は次回より株主優待がもらえなくなりました。

毎年、兵庫県の物産品として、アンリ・シャルパンティエの焼き菓子セットがもらえていたので楽しみにしていましたが、次回からもらえなくなるのは非常に残念です。

Next: 和食外食チェーンも優待改悪? プロが選んだ残念な優待銘柄「第2位」は――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー