fbpx

株主優待「改悪」続くか。2020年上期発表の残念な優待改悪銘柄ランキング=トコタン

《優待改悪で残念な優待銘柄:第1位》セキド<9878>

セキドは、インポートブランド品(バッグ・時計・ジュエリー)を取扱う会社で、銀座など全国に24店舗展開している会社です。

こちらの株主優待は、3月20日と9月20日権利の年2回、保有株数に応じて株主優待品をいただけていました。

《優待銘柄情報》
セキド<9878>
最低単元購入価格:3万5,400円(※7月29日終値)
権利付き最終日:3月20日、9月20日
《優待内容》

(変更前)2019年9月20日権利まで
100株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回)
300株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント1,500円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
500株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント7,500円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
※2年以上継続保有の場合、ポイント5000円相当が上乗せ
1,000株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント1万3,000円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
※2年以上継続保有の場合、ポイント8000円相当が上乗せ
2,000株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント2万5,000円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
※2年以上継続保有の場合、ポイント1万5000円相当が上乗せ
3,000株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント3万5,000円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
※2年以上継続保有の場合、ポイント2万円相当が上乗せ
5,000株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回) ポイント5万5,000円相当(×年2回)
※以下100株ごとにポイント500円相当増
※2年以上継続保有の場合、ポイント3万円相当が上乗せ

(変更後)2020年3月20日権利から
100株以上 買い物5%割引券5枚(×年2回)

こちらは300株以上保有していれば自社サイトからインポートブランド品などと交換できるものでしたが、私が初めてこちらの優待ポイントをもらった時に、株主優待でもブランド品がもらえるのだとビックリした記憶があります。

200730tokotan_sekido

でも、残念ながらその優待ポイントも廃止されてしまい、2020年3月20日権利分からは100株以上一律で5%割引券のみとなってしまいました。

Coachの長財布やマリメッコのエコバックがもらえて嬉しかった半面、これから長期保有特典でポイントが上乗せされると思った矢先での優待改悪は非常に残念でなりませんでした。

以上、2020年上期に優待改悪となった残念な3銘柄をランキング形式にてご紹介しました。

私が銘柄を選ぶ基準のひとつとして、純粋にいただける株主優待に「お得感があるか」「魅力的であるか」であり、必ずしも企業業績を考慮している訳ではありません。投資をされる際の判断は自己責任にてお願いいたします。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

【関連】ZOZO復活の兆し?アパレル各社の「ZOZOがえり」は前澤氏不在のつまらなさを埋めるか=栫井駿介

image by:Africa Studio / Shutterstock.com
1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2020年7月29日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー