fbpx

習近平は「世界を敵に回す覚悟」を決めた。賽は転がり戦争が始まる=矢口新

「米国の敵」を束ねて世界覇権を狙う

これは、中国が英米の干渉を恐れる必要がないほど、力をつけたという自信の表れだとも取れる。

中国の途上国68カ国への融資状況で、18年末の残高は1,017億ドルと、4年間で約2倍に急増し、世銀の1,037億ドルに迫った。この間、世銀は4割増、IMFは1割増だった。

中国の金利は融資期間が比較的短いにもかかわらず平均3.5%と、IMFの0.6%や世銀の1%を大きく上回る。

途上国は融資の条件として財政規律などを迫られるのを嫌う傾向が強い。金利が高くても中国を頼るのは、こうした制約がIMFなどに比べて少ないためとみられている。

「香港の情勢を批判するのは中国への内政干渉にあたる」。中国が統制強化のために施行した「香港国家安全維持法」を巡り、6月末の国連人権理事会で53カ国が中国を支持した。中国批判の声明に加わったのは日本を含む27カ国にとどまり、ほとんどは先進国だった。

ロシアは長引く米国の経済制裁から中国へ歩み寄り、トルコは米国の中東政策の失敗からロシアに、ひいては中国に歩み寄った。ロシアと中国は軍事同盟を結んで合同演習を繰り返し、ロシアの5G網は中国が請け負うことになった。トルコは米国の反対を押し切って、ロシア製の兵器を購入した。

中東ではイランに続き、サウジアラビアやイラクも中国に近付いている。サウジはジャーナリスト、カショギ氏暗殺を米国から責められたためと、米国がいつまでたってもイスラエル優先を捨てないからだ。

イスラエルには核兵器があるが、アラブ諸国にはどこもない。サウジの核開発には中国が協力している。一方、イラクはフセイン政権が潰されただけで、事実上の無政府状態に置かれている。アラブのプライドが傷つけられたのだ。

端的に言えば、米国にいじめられてきた国々が、最近になっていじめられるようになった中国と組んでいるのだ。

経済的に疲弊しているこれらの国々にとって、中国の資金力と購買力は大きな魅力だ。技術力も高い。中国とすれば、ロシアの核とサウジの石油があれば、米国と戦える。途上国の票があれば国連など国際機関でも戦える。

あるいは、香港を含め国内で高まってきていた抵抗運動をこのままでは制御できなくなるとの危機感の表れだとも受け取れる。

いずれにせよ、英米政府だけでなく、グローバルな中国民族を敵に回してでも守りたいもの(体制)があったということなのだろう。

賽は投げられた、と思う。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・Q&A:株式は買い手が有利?(8/24)
・中国企業200社、米で上場廃止へ?(8/24)
・シティバンク、ヘッジファンドに間違って1.75億ドルを送金。回収困難に(8/20)
・マンハッタンの空き室率上昇。賃貸料は10%下落(8/19)
・ハイテク偏重の米株(8/18)
・顧客売買データの利用(8/17)
・過ちは繰り返しません(8/17)
・点検 世界シェア74品目(8/13)
・アフガニスタン、和平交渉開始に向けて400人の筋金入りタリバンを開放(8/12)
・AIがつくる心地良い閉鎖空間(8/11)
・米中対立(8/6)
・サウジの核開発が進展。中国の支援で(8/5)
・ダウとアップル株(8/4)
・コピペ(8/3)
・PCR陽性は恐くない!(8/3)
→いますぐ初月無料購読!


※本記事は、矢口新氏のメルマガ『相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー』2020年8月3日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。信済みバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】10万円給付は遅れ、税金は一瞬で奪い取る。まもなく不満が爆発して安倍首相に火の粉が移る=鈴木傾城

【関連】イギリス都市封鎖で新型コロナ「以外の原因」の死者が急増?この悪夢は世界に波及する=In Deep

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

image by:Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com
1 2

相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー』(2020年8月3日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額880円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー