fbpx

私が村上世彰さんにフジテレビ買収のアイデアを教えた時の話=房広治

買収ターゲットとなる日本企業はいくらでもあった

私のアイデアが、「ニッポン放送・フジテレビ」と「東京エレクトン・TBS・TBSの不動産」で、マイケルが「住友電工・東京タングステン」だった。

ただ、最初のうちは、ヘルメットのSHOEIとか東京スタイルとか、安定株主が50%を超えているものを狙っていたため、くすぶっていた。

この話は『まぐまぐ!Live』で受けた。なぜ、そんなアイデアを持っているのか?という質問が出た。

答えは簡単。このような、含み資産が時価総額より大きい状況は、この何十年もの間、日本の上場会社には腐るほどたくさんあるのである。

子会社の方が時価総額が大きくなるケース

簡単に説明してみよう。例えば、マスコミ業界だ。

まず、戦後発展したマスコミは、ほとんどが通信社か新聞社が母体である。すべての新聞社が未上場であり、お互いに相手のことは報道しないという不文律があるために目立たない。私は、M&Aバンカーとして日本に戻ってきた1990年に、朝日新聞の当時の大株主から相談を受けて、業界のことをかじることになる。

日本のマスコミは、新聞社がラジオやテレビを作り、子会社の方が親会社よりも大きくなってしまうのである。

ニッポン放送の場合は、弱小の産経新聞だけではなく、財界が創ったような老舗のラジオ局で、その株を中興の祖の鹿内信隆さんという方が、筆頭株主として、産経新聞もニッポン放送も牛耳っていたのだ。

朝日新聞の朝日テレビも同じである。読売新聞と日本テレビも、テレビ局が上場すれば親会社よりも大きくなるのである。

今ではどちらも10兆円の時価総額になってしまったNTTとNTTドコモも、過去はドコモがNTTを抜いた時期があった。もっと古くは、古河鉱山。子会社の古河電工や富士電機の方が大きくなった。富士電機の子会社の富士通の方が富士電機よりも大きくなり、時価総額3兆円の富士通の子会社のファナックの方が大きい。ソニーとエムスリーも同じような関係だ。

というわけで私は、同じ会社出身で、村上さんのようになりたいという後輩にいくつかアイデアをあげたりしている。

有料メルマガ配信中!続きはご購読ください

【関連】なぜ富裕層は貯金が少ないのか? 凡人こそ「成金」から稼ぎ方を盗め=午堂登紀雄

【関連】「一流企業の男と結婚しろ」毒親の言葉が子どもを生き地獄に落とすワケ=鈴木傾城

<有料メルマガ購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2020年9月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年9月配信分
  • 中国のGDPは既にアメリカを抜いている!?(9/18)
  • フォートナイト対アップル(9/11)
  • シリコンバレーのクレイジーなアイデア(9/4)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2020年8月8日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にご購読ください。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2020年8月配信分
  • 情報開示の重要性(8/29)
  • パスワードや2段階認証の安全性(8/21)
  • アメリカに女性大統領の可能性(8/15)
  • 子会社の方が時価総額が大きくなる話(8/8)
  • 移民としての日本人 房広治の「Nothing to lose!」Vol.309(8/1)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
2020年6月配信分
  • コロンビア大学伊藤隆敏教授(6/27)
  • バンクオブイングランドのCBDC(6/20)
  • まぐまぐ!Live(6/13)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • メルマガ300号(5/31)
  • 経営者の即決力の差・UAとデルタ(5/23)
  • ハラリ教授のB*C*D=AHH(5/16)
  • オックスフォード大学のワクチン(5/9)
  • ヤンゴン(5/2)

2020年5月のバックナンバーを購入する

【関連】コロナは毎年流行か。日本の死者「年末までに倍増」米疾病対策センターAIが予測=高島康司

【関連】平均年収1800万円!キーエンスの営業力はコロナ後も通用するのか?=栫井駿介

image by:Olga Kashubin / Shutterstock.com
1 2

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』(2020年8月8日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」

[月額880円(税込)/月 不定期]
世界の金融市場・投資業界で活躍する日本人投資家、房広治による、ブログには書けないお金儲けの話や資本市場に通用するビジネスマン・社長のあるべき姿などを、余すことなく書きます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー