fbpx

菅政権、アベノミクス継承は化けの皮。忖度なき改革で日本は大相場へ=山崎和邦

菅首相のブレーンは改革派揃いだ。安倍政権を継承するというのは自民党内における「挨拶」であって、本当は改革こそ菅政権の本命だ。「日本経済を変える」これを打ち出してほしいと思う。そうすれば、すでに20兆円を売り越してしまった海外資金は日本株式市場に流入する。(「週報『投機の流儀』」山崎和邦)

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』2020年10月25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

海外投資家、菅政権に期待せず

菅首相は就任に当たって安倍政策の継承を謳った。これは自民党内を丸く収めるための当然の仕儀であろうが、海外投資家から見れば「菅政権は『改革』よりも『継続』だ」と捉えているに違いない。

これではアベノミクス相場の初期から壮年期相場の大天井(2015年夏場)まで買い越した20兆円を2020年9月までに全部売り越した、あるいはそれ以上に売り越した。

その売った分が日本に流れ込んでくるようにしなければならないところを「改革よりも継続に過ぎない」と解釈されたのでは、売買の7割を占めた海外投資家筋を日本に呼び込むことは難しい。

菅政権はスローガンをぶち上げるべき

菅政権は構造改革と成長戦略に関して、信念を持ってスローガンをぶち上げることだ。元内閣官房参与でリフレ派の代表とされる浜田宏一氏(※)は週刊Newsweek誌・日本語版10月27日号への寄稿でこう述べている(※筆者注:内閣府経済社会総合研究所長〈2001年省庁改革前で言えば経済企画庁長官で国務大臣であった〉、前内閣官房参与も務めたことがある)。

以下、浜田宏一氏の意見を引用する。

1つ目のアドバイスは、引き続き金融緩和を推進することだ。<中略>

2つ目のアドバイスは「健全財政」なる時代遅れの概念を売り込む専門家を過信しないこと。<中略>

3つ目のアドバイスを提供したい。構造改革と成長戦略に関してはぶれずに信念を貫くこと。

出典:スガノミクスは構造改革を目玉にせよ――安倍政権ブレーンが贈る3つのアドバイス – ニューズウィーク日本版(2020年10月23日配信)

以上、原文のまま拾い出した。次からは私見である。

インフレ率がごくわずかで金利がGDP成長よりも低い日本では、財政赤字は気にする必要はない。だいたいこれをGDPと比較することがナンセンスだと筆者は思っているし、本稿でも述べてきた。個人と違って国家は永続する。個人の場合でさえも、年収の何倍もの住宅ローンを借りて平気である。国民経済にとっての年収とはGDPだ。それと比較すること自体ナンセンスである。健全財政派の雑音を織り込む専門家に左右されてはならないと思う。

また、自民党のどの派閥にも属していない菅首相は抵抗勢力には耳は貸さないだろうし、菅首相のブレーンは改革派揃いだ。安倍政権を継承するというのは自民党内における「挨拶」であって本当は改革こそ菅政権の本命なのだ。

「日本経済を変える」、これを打ち出してほしいと思う。そうすれば、すでに20兆円を売り越してしまった海外資金は日本株式市場に流入する。そうでなければ大相場はない。

Next: スローガン倒れだった安倍政権。菅政権には期待できる?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー