fbpx

YouTuberヒカル氏とコラボで急成長、ネット通販ロコンドの新戦略が見せたeコマース「2つの未来」=シバタナオキ

D2C:ReZARDとは?

ご存知ない方のために、簡単に「ReZARD」とは何かを説明したいと思います。

ReZARDというのは、ロコンド社が提供するD2C(=Direct to Consumer, メーカー直販)で、チャンネル登録者数400万人超えの人気YouTuberヒカル氏とのコラボレーションで展開しているブランドです。

ロコンドがクオリティの高い商品を製造し、ヒカル氏がYouTubeで宣伝をしていくというコラボレーションになっているものと思われます。

新戦略「D2C × YouTube」のビジネスモデルとインパクト

今回ロコンドは、このD2C戦略が非常にうまくいっており、同社のマーケティング戦略を刷新するレベルになっているので、少し詳しく見ていきたいと思います。

picture_pc_72db8df1c4121a4ecf67d929ed4af83c

はじめに、こちらが従来のロコンドのeコマース事業と、プラットフォーム事業のビジネスモデルです。

左上から、WEB広告やテレビCMで認知度を向上させ、それが訪問者増に繋がり、訪問者が増えることでショップを増やし易くなり売上が増えていく、というモデルになっています。

このモデルは皆さん馴染みやすく、理解しやすいのではないでしょうか。

picture_pc_ce7aac3ba3df97173f6b6bfb9da8bcf7

今回、D2CとYouTubeがコラボすることで、新しいビジネスモデルが誕生したというのがこちらの図です。

左上がYouTubeです。YouTubeで認知度が上がることで、今まで通りの右側のフローが回るだけではなく、左下にあるようにD2Cの売上が増えるというプラスがあります。

ここでの最大のポイントは、YouTubeが集客の中心になっているという点です。つまり、YouTubeで宣伝をすることで、従来の右側のフローからの売上が上がるだけではなく、左下のD2Cから「も」、売上が上がるという点です。

Next: 売上を増やして広告宣伝費を削減。新戦略がもたらした収益インパクト

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー