fbpx

YouTuberヒカル氏とコラボで急成長、ネット通販ロコンドの新戦略が見せたeコマース「2つの未来」=シバタナオキ

新戦略「D2C × YouTube」収益インパクトは?

このD2CとYouTubeのコラボによる、収益インパクトを見ていきましょう。

picture_pc_de4e33ec84c420de8bd44c8ca877a70e

はじめに、D2Cからの売上が6.7億円あります。6.7億円という金額は、UUUMの「クリエイターサポートその他(グッズ、イベント、音楽等)売上」よりも大きい金額であり、YouTuberと物販のコラボレーションという領域では、日本でトップクラスと言って間違いないでしょう。

picture_pc_f448c11bf9c9cbc7a6d27fcfc82cbd77

次に、売上が増えるだけではなくて、コストも削減できているという話です。

これまでロコンドはテレビCMを積極的に打ってきたわけですが、今回広告予算を大きくYouTubeに移して、大きなコスト削減ができました。

つまり、D2CとYouTubeがうまくコラボできると、D2C部分の売上が新規に増えるだけではなく、広告宣伝費を削減することができる、という具合に、二重にインパクトが出てくるという素晴らしい結果になっています。

新戦略における新規顧客獲得とリピート施策

picture_pc_6772b35b6c55cc7327d0abb16f50f3f0

テレビCMの広告宣伝費を減らした分だけ、新規会員数が減るのではないかと心配している方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそうなっていません。

さらにはReZARD経由で獲得した新規顧客のうち、10%が他のブランドでも何かしらの商品を購入している、ということで、プラスしかないというのが今回のロコンドが見つけた新しいマーケティング施策だと言えるでしょう。

picture_pc_c0faaf0923e155c3efdbefa92d5904af

さらには、YouTubeでの新規会員獲得に依存するだけではなくて、既存のロコンドユーザーへもReZARDの商品が売れています。

ReZARDの商品は、主にヒカルさんのファンが好むロゴ有りの商品と、ロゴ無しの商品が選べるようになっているわけですが、実は半数の人がロゴ無しの商品を購入しているというデータが公開されています。

つまり、これらの人はかなり高い確率でYouTube経由ではなく、ロコンドの既存会員としてReZARDを購入していると言えますので、ReZARDの商品は既存会員へのアクセルにも使えるということが分かりました。

Next: eコマースの新たな可能性を開拓。ロコンドの施策から学べる2つのこと

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー