fbpx

遺言書と生命保険はセット!家族のための相続と備え、老後では手遅れに=池邉和美

何度でも書き直し可能。早いうちに作成を

遺言書は、一度作成しても、その後で状況や気持ちが変わったら何度でも書き直しができます。また、書き方の工夫さえきちんとすれば、多少の預貯金の変動などでは書き直す必要もありません。

ぜひ早いうちに専門家にも相談され、遺言書を作成しておかれることをおすすめします。

【関連】相続こそ「印鑑廃止」の聖域。押印を省略すべきではない合理的な理由=池邉和美

【関連】専業主婦だと人生詰むよ?「卒業即結婚」女子大生にプロとして忠告=山本昌義

【関連】相続トラブル回避に使える!新しい「遺言書保管制度」6つの利点=奥田雅也

image by:polkadot_photo / Shutterstock.com

こころをつなぐ、相続のハナシ』(2020年11月11日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

こころをつなぐ、相続のハナシ

[無料 毎月第2水曜日、第4水曜日]
愛知県の行政書士山田和美が、相続・遺言について情報を発信するメールマガジンです。ご家族が亡くなる、ご自身の相続に備えて準備をする。そういった経験は多くの場合、一生に数える程しかありません。だからこそ実際に直面したとき、何から手を付けて良いかわからず戸惑ってしまったり、知らなかったが故に不利益を被ってしまう事が多々あります。このメルマガでは、「相続人って誰のこと?」という基本的な事から、「相続が起きると銀行口座どうなるの?」等のより実務的な疑問まで幅広くお伝えして参ります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー