予想的中率86%!グーグルは「人が死なない未来」にここまで本気だ=浜田和幸

予想的中率86%を誇るレイ・カーツワイル氏の「人は永遠の命を得る」との予測、SNSと寿命の関係について、国際政治経済学者・フューチャリスト(未来予測家)として活躍し、有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』を好評配信中の浜田和幸氏が解説します。

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年6月9日, 5月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

「人間は死ななくなる」グーグル研究部門の最高責任者が大胆予測

未来予測の第一人者レイ・カーツワイル氏が描く未来

ぶっちゃけ、人類の未来は予測不可能な出来事でいっぱいのような気がする。地球温暖化が深刻な様相を呈しているかと思えば、真逆で氷河期が再来するとの観測もあるほどだ。また、北朝鮮に限らず、核兵器を弄ぶテロ組織によって、第3次世界大戦が勃発し、人類は絶滅の危機に直面するとの予言も。

しばしばノーベル賞の候補になった東北大学の西澤潤一先生曰く「人類はあと100年もたない」。ぶっちゃけ、これからの人類社会はどうなるのだろうか。

そんな中、予想的中率86%を誇るのがレイ・カーツワイル氏だ。筆者と同じ、世界未来学会のメンバーであるが、現在はグーグルに籍を置き、人間とマシーンの関係を研究する毎日を送っている。

彼がこれまで公表してきた未来予測は数えきれないが、有名なものとしては、「ソ連の崩壊」「インターネット社会の到来」「WiFiの日常的普及」「チェスや碁で人間を打ち負かすAIの登場」など。

そんな未来予測の第一人者が最近開催されたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)会議で新たな予測を開陳し、世界の注目を集めている。

それは「シンギュラリティ」に関するもの。近年、話題を呼んでいるテーマで、「技術が人間を追い越す時代」のことだ。要は、「人口知能が人間より優れた判断を下すようになる瞬間が2045年までに来る」という予測にほかならない。

レイ・カーツワイル氏によれば、「2029年にはAIは人間の知能を凌駕している」とのこと。こうした予言は同博士に限らず、世界の未来研究者の間では当たり前の流れとなっている。

しかし、レイ・カーツワイル氏の真骨頂は、仲間の未来学者をはるかに飛び越えたところにある。すなわち、2030年代初頭には「人間の意識を全て電子化でき、その結果、われわれはどこにいてもアイデアや経験を瞬時に交流できるようになる。仕事のために人と会ったり、打ち合わせをする会議も不要になる」。

ブロックチェーン技術も進化するため、人々は分散して暮らすようになり、人が集まるソフト・ターゲットもなくなるため、テロなども起こせなくなる。

最も驚かされる予測は「人間の意識を他の生き物である鳥や魚に移植できる。また、無機物である木製の箱などにも移植できるようになる。人間は姿を変えて永遠の命を手に入れる」というものだろう。

まさに「ピノキオの誕生」と言えようか。単なるSF作家ではなく、グーグルという最先端企業の研究部門の最高責任者の発言である。

ぶっちゃけ、空恐ろしい世界の入り口にいるようで立ちすくむ思いに駆られる。皆さん、心の準備はできますか?

Next: 意外な調査結果。長生きするにはSNSが欠かせない!?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー