日銀が棚ボタで物価目標達成? 原油先物の100ドル台回復はあり得るか=久保田博幸

原油先物が高騰している。大きな節目である100ドル台回復も絶対にないとは言えない状況になってきた。今回はこの原油高の背景と、日本の物価への影響を解説する。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

100ドル台回復もありえる? 原油高がもたらす「日本の物価上昇」

WTI原油先物、約3年1か月ぶり高値

1月2日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅反発となり、中心限月の2月限は前日比1.26ドル高の1バレル61.63ドルで引けた。中心限月ベースでは2014年12月初旬以来、約3年1か月ぶりの高値を付けた。この水準は、新たなシェール掘削が正当化されるために必要とされる水準の61ドルを上回っているとされる。

ここにきての原油価格の上昇は、米北東部を寒波が襲っているためにヒーティングオイルの需要が高まったことなどによる短期的な要因も背景にあるものの、世界的な景気拡大による需要増加などが意識されているものと思われる。

それだけでなく、過剰供給の緩和も当然ながら背景にある。石油輸出国機構(OPEC)とOPEC非加盟国のロシアなどの主要産油国による協調減産の効果が出ている。また、イラクのルアイビ石油相が、世界の原油在庫が減少している一方で、中国とインドの需要が増加していることから、2018年に原油価格が上昇すると楽観視していると述べていた(出典:イラク石油相:2018年に原油価格が上昇すると楽観視 – Bloomberg(2017年12月26日配信))。

次の節目は100ドルあたりまで特にない

WTI先物のチャートをみると、節目とされる2015年につけた61ドル高の目先の高値を抜けてきた。ただし、原油の需要が急激に増加したわけではなく、ややショートカバー的な動きも出たとみられ、いったんはこの水準が目先高値となる可能性が高いとみている。

WTI原油先物 週足(SBI証券提供)

WTI原油先物 週足(SBI証券提供)

それでも、もしこのまま原油先物の上昇基調が止まらないとなれば、次の節目は100ドルあたりまで特にない。WTIが100ドル台を回復する理由はいまのところ見いだせないものの、2017年12月の世界の製造業購買担当者景気指数(PMI)が、約7年ぶりの水準になるなど、さらに世界的に景気が拡大する可能性もあり、WTIの100ドル台回復が絶対にないとも言えない。

Next: 原油高がもたらす日本の物価上昇。日銀の目標達成もありえるか

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい