「暗号通貨バブルを見通す男」の2018年ビットコイン・アルトコイン大予測=高島康司

仮想通貨界隈で注目を集める未来予測プログラムの開発者、クリフ・ハイ氏がラジオ番組に出演し、2018年以降の相場予測を行った。それによると、ビットコイン価格は年内に1100万円(10万ドル)を突破するという。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

「ビットコインは年内に1100万円を突破する」その最大要因とは

クリフ・ハイ氏の2018年以降の予測

今回のメインテーマは、仮想通貨界隈で注目を集める未来予測プログラム「ウェブボット」主宰者で、元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏による2018年、およびそれ以降の予測である。

昨年の12月26日、クリフ・ハイは元CNNの記者で著名なネットラジオ『USA Watchdog』を主宰するグレッグ・ハンターのインタビュー番組に出演し、2018年とそれ以降の予測を行った。もちろん予測の根拠はウェブボットである。

ウェブボットは「AI」ではない

先に進める前に、一点だけ注意しておこうと思う。ネットを見ると、ウェブボットは日本ではAIとして紹介されているようだが、厳密にいうとウェブボットはAIではない。ウェブボットはビッグデータから特定の情報を抽出するデータマイニングという手法を使っている。感情値の高い言葉をSNSやBBSなどから収集し、人々が感情的に反応する度合いの高い状況を分析するのがウェブボットだ。

他方AIとは、自己学習が可能なコンピューターのシステムのことである。囲碁の世界チャンピオンに勝利したAlphaGoなどは、あらゆる対局をシミュレートすることで勝手に自己学習し、どのような対局でも勝利することができるように進化する。

ウェブボットは、このような自己学習するシステムではない。したがってウェブボットをAIと呼ぶには無理があるだろう。もちろんウェブボットが最先端のテクノロジーであることを示す比喩的な表現として、ウェブボットをAIと呼ぶことは許されるのかもしれない。しかしこれはあくまで比喩であり、ウェブボットが実際にAIであることを示しているわけではない。

さて、このインタビューでは、仮想通貨の相場予想のほか、通常のレポートではカバーされていない幅広いテーマの予測が提示されている。特にアメリカ中心ではあるが、北朝鮮に関する興味深い予測もある。

今回の予測のもっとも顕著な特徴は、ウェブボットには非常に珍しく、予測の内容がかなり楽観的で明るいことだ。仮想通貨の出現と拡大で、これまでの悲観的な予測が大きく変更されたようだ。以下はその要点となる。

ビットコインの底値水準と再上昇のタイミング

・最近ビットコインは40%近く急落したが、これはビットコインの先物市場が解禁となり、膨大な資金がなだれ込んだ結果だと思われる。先物市場にとっては、遊ぶための新しいおもちゃがあたえられたかのような状況だ。

・このため、以前のウェブボットのレポートで予告したような「ワニの歯」に似た乱高下のパターンになったのだ。だが、30%や40%という変動はあまりにも激しいため、先物市場の投資家の多くは吹き飛んでしまう。

・この「ワニの歯」に似た乱高下のパターンはしばらく続く。そして2月半ばからは155万円(13880ドル)を底値として、そこから急上昇の過程に入る。5月になると驚くような価格水準になっているはずだ。

Next: ビットコイン価格は2018年内に1100万円(10万ドル)を突破する

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー