世界が注目する3人の大暴落予測 近づく「ダウ6000ドル時代」の生き残り方

「株式は30~50%、ドルは20~30%暴落」「NYダウは6000ドルへ」「歴史上、最も巨大な富の破壊になるだろう」――いま世界が注目する3人の天才、ボー・ポルニー、ハリー・デント、エゴン・フォン・グレヤーズ各氏の恐るべき予測をご紹介します。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

「3人の天才」が描く悲劇のシナリオ、生き残る投資家の条件とは

投資家は、マイナス実質金利がもたらす恐ろしい世界を知らない

中曽日銀副総裁が、こっそり「マイナス実質金利」という言葉を使って声明を出しました。

「量的・質的金融緩和(QQE)で実質金利マイナス圏内、民間需要を刺激し、景気は緩やかな回復、物価基調も改善」とし、さらに追補として「2017年度前半頃に物価安定の目標である2%程度に達すると予想」とも。
【発言】中曽日銀副総裁「QQEで実質金利マイナス、民需刺激」=追補

たった数行ですが、この意味を本当に理解した投資家は、迫りつつある世界的な経済大災害を、それなりに乗り切ることができるでしょう。

そうでない人は、最悪の場合、植物図鑑を片手に、道端の雑草を手でかきわけながら食べられる草花を選り分けているかもしれません。それが、東京五輪後に、じわりじわりやってくる世界です。

そうなったとき、人々が助け合うことができるようにしておくために、この記事を書いているのです。

年明け早々、世界の株式市場が大暴落したとき、株式投資を行っている投資家が、まっさきに資産を避難させた先が「金(ゴールド)市場」でした。

去年夏の上海市場大暴落以来、国内外の市場は激しい乱高下を繰り返すようになっていました。この動きの意味を悟った敏感な、それもごくごくわずかな投資家は、株式市場の終焉が近いことを悟ったはずです。

彼らは、慌てて保有していた株式の一部を売り払って、その資金を「金ETF」などの金価格に連動した上場投資信託に振り向けたことも、株式市場の下落に拍車をかけた要因の一つでしょう。もっとも、今のところ、影響は微々たるものですが。

つまり、今後、国内の株式市場が大きく下落する場面が続くと、こうした「金の指数」を株式と同じようにネットトレードで売買したり、いったん市場から投資ポジションをはずして、金の現物(金地金や金コイン)に振り向ける、といったパターンが株式投資家の間で見られるようになる、ということなのです。

この現状を日銀は反転させて、株式市場に、新たな投資家が大挙して参入する状況を作りたいのです。そのためのマイナス金利の導入なのです。<中略>

すでにマイナス実質金利の状態にある米国と日本。今後、この両国がどうなっていくのか、以下に恐ろしいシミュレーションを紹介します。

ボー・ポルニーの予測「2016年中、米国株式、ドルとも暴落。株式は30~50%、ドルは20~30%暴落

まず、米国についてですが、米国の株式市場に関する先行き予報が、いくつか出ています。

貴金属投資情報サービスを提供しているGold 2020 Forecastの主宰者、ボー・ポルニー(Bo Polny)が2月14日に出した予測は具体的です。要点は以下。

「2016年10月頃には、株式、ドルとも暴落。株式は30~50%、ドルは20~30%暴落と金(ゴールド)は2倍になる」と予想

――株式投資家は、2月末までに市場から撤退しないと大きな損失を追うだろう。今年10月頃には、米国株式市場とドルは同時に暴落し、新たなドル札も印刷できなくなる。

株式市場は、30~50%下落し、ドルも20~30%下落するだろう。株式市場は必ず崩壊する。

金の価格が上がっているということは、株式市場の崩壊が迫っていることを暗示している。予想は、今年の10月までに金(ゴールド)の価格は2倍になる、だ。

これは、金融大崩壊のプロローグに過ぎない。

株式市場が崩壊すると、世界中で暴動や紛争が勃発するようになるかもしれない。それは10月頃なのか…。

だから、投資家は、ドルや国債といったペーパー・マネーに見切りを付けて、金(ゴールド)に目を向けるようになるはずだ。

デリバティブ・バブルも今年の1月にピークをつけた。今回の金融崩壊は、2008年の(リーマンショックが引き金となった)危機より大きな破壊力を持っている。結果は、相当、悲惨なことになる。

ポルニーは、高度な数学を使って相場の周期性を分析しているサイクリカル・アナリスト(Cyclical analyst)。

彼の予想は脅威的な的中率を誇っており、最近では「2015年11月に市場のメルトダウンが起こる」(ソース)と予想して、時期と規模まで的中させています。(メルマガ第129号「11月に、米国株、米ドル、米債券市場のメルトダウンが始まる!?」)

Next: ハリー・デントの予測「NYダウ6000ドルへの、まさに悪夢の始まり」

1 2 3 4 5 6 7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー