fbpx

バフェットも注目!安値更新中の「お菓子銘柄」は買いか?明治HD、カルビー、グリコ、森永製菓を分析=栫井駿介

特に将来性のある企業は?

グリコに関しては少し高いですし業績を見ましても、いま手間取っている部分もありますので、あえてここに投資することはないのかなという風に思いますけれども、その他の会社に関してはやはり比較的堅調な推移を辿っています。

カルビーは、実は東日本大震災の時に上場したのですけれども、この会社は海外戦略が結構上手くいっていて、それで業績を伸ばしてきたというところもあって、一時期はPER30倍ぐらいで評価されていました。それが18倍ですから、本当に今後も海外でも伸ばし続けられるとしたら、かなり買い頃なのではないかという気がします。

明治も高い時はPER30倍ぐらいあったのですが、今はどの会社も過去5年でPERに関して最も低いレベルの水準になっています。

したがって確実に伸びるとまでは言いませんが、事業の安定性やこれからの値上げなどによる成長余地というのを考えたら、悪い状況ではないのではないかと思います。

最も大切なのは、こうやって数字だけを見てざっくり買うということではなくて、その会社が今後どういう戦略を取ろうとしているのか、どういう強みがあるのかというのを分析して、そしてさらには自分が好きなお菓子を作っていたらなお良いかも知れません。

そういった中で自分が「これだ!」と思える企業が出てきたら、最終的にはもう一度株価水準を見極めて、それで十分に安いと思えるのだったら、いま買っておくというのはありだという風に考えます。

長期投資で大切なのは、こうやって事業を分析することです。そして株価が高いか安いかを判断して、しっかりと安い時に買う。一度買ったら、あとはじっくりと見守る。この3つが大切です。

ぜひこのやり方を磨いて、長期投資に励んでみてください。

(※編注:今回の記事は動画でも解説されています。ご興味をお持ちの方は、ぜひチャンネル登録してほかの解説動画もご視聴ください。)


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。またYouTubeでも企業分析ほか有益な情報を配信中です。ご興味をお持ちの方はぜひチャンネル登録して動画をご視聴ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】アップル株は理論上「無限」に上がる?それでも気になる急落リスク…買い時は=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは日本の商社株を買った? 素人が真似ても儲からぬ理由=栫井駿介

【関連】「自宅は資産」は幻想。住宅ローンを抱えリストラと死の宣告を待つ者たちへ=鈴木傾城

【関連】「東京五輪中止なら大不況到来」の大ウソ。いつ中止決断でも問題なし、すでに景気は壊滅状態=今市太郎

image by:SarahJaneJ / Shutterstock.com
1 2 3 4

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2021年7月7日号)より
※記事タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー