fbpx

自身の介護費用「準備していない」が7割の危うさ。老後2000万円どころか3000万円が必要に=川畑明美

「高額介護サービス費」制度で払い戻しが受けられる

介護保険で認定を受ければ、自己負担は1~3割です。年金収入のみであれば、1~2割の自己負担になるのがほとんどです。

高額介護サービス費という制度で上限が設けられていて、一定額を超えると払い戻しを受けられます。

介護保険が適用されるサービスであれば、極端に高い費用になることはありません。

民間の有料老人ホームを利用する場合には要注意

心配なのは、介護保険の適用されない民間の有料老人ホームなどを利用せざるを得ないケースです。

介護保険が適用される施設は、なかなか入れないこともあるのです。

50代から介護費用も意識して準備しておくと安心ですね。準備が難しい場合は、退職金を介護費用として温存しておきたいものです。

退職金を一括で運用するのは、とても危険です。大事な退職金を減らさずに!

【関連】育休を取らない男は1億円の損。改正育休法で会社員に明暗、育児専念に6つの効用=午堂登紀雄

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズは「現金はゴミ」の時代に何を買う?3つの投資先を明言=花輪陽子

【関連】ガソリン価格200円超に備えよ。脱炭素で資源価格高騰「グリーンフレーション」到来へ=今市太郎

image by:BaanTaksinStudio / Shutterstock.com
1 2

教育貧困にならないために』(2021年10月14日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー