fbpx

日本アジア投資—サイクル—プへの戦略投資実行

マネーボイス 必読の記事



日本アジア投資<8518>は30日、サイクループに戦略投資を実行したと発表。
サイクループは、電動アシスト自転車のサブスクリプションサービス「NORUDE」(ノルーデ)を手掛けている。
「NORUDE」は、利用期間が主に1年から3年の月額課金制サービスで、ユーザー自身が自転車を保管する。豊富な車種や、低価格、高い整備力を特徴とする。

サイクループは、自社に整備スタッフを抱え、高品質の点検や整備を迅速に行うほか、一定の貸出期間を終えた自転車にフルメンテナンスとバッテリー交換を行い、良質な中古商品として再販する。

電動アシスト自転車は、「子供の送迎のため2年間」の様に使用目的と期間が明確な一方で、通常の自転車に比べ高額なため、安価なサブスクリプションサービスや中古品への潜在ニーズが大きいとサイクル—プでは想定している。

同社は今後、サイクループの株主として成長性を支援するほか、サイクループの貸し出す電動アシスト自転車にもプロジェクト投資し、サブスクリプションサービスを共同事業として行うことでサイクループの事業拡大を支援するとしている。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー