fbpx

「物陰の人物も撮影できる」AI技術が登場!遠赤外線カメラメーカーに追い風=藤本誠之

日経新聞(6/5付)より「NECなど、AIで画像 逆光・物陰でも人映す」に注目。自動運転や施設監視などの用途が見込まれ、遠赤外線カメラ関連銘柄に追い風となりそうです。(『相場の福の神 ニュースを半歩先読み』藤本誠之)

自動運転技術の進化に繋がるか? 遠赤外線カメラ関連銘柄に妙味

NECと東工大「死角や逆光でも人物を映す技術」開発

日本経済新聞(6月5日付)朝刊より、科学技術11面の記事「NECなど、AIで画像 逆光・物陰でも人映す」に注目です。

NECと東京工業大学は、障害物の死角逆光、煙や霧などに隠れた人見つけることができる画像処理技術を開発したとの記事です。

可視光と遠赤外線で撮影した2種類の画像を人工知能(AI)で合成すると、見えなかった部分が浮かび上がるそうです。自動運転施設監視などの用途を見込み、2年後の実用化を目指します。

死角にいる人を検知できるので、自動運転には非常に重要な技術です。これが実用化されると遠赤外線カメラの需要が増加しますが、NECが筆頭株主の遠赤外線カメラメーカーである日本アビオニクス<6946>が、もっとも大きなメリットを受けそうです。

遠赤外線カメラ関連銘柄と言えばコレ!

日本アビオニクス<6946> 253円(2017年6月5日終値)

日本アビオニクス<6946> 日足(SBI証券提供)

日本アビオニクス<6946> 日足(SBI証券提供)

日本電気<6701> 290円(2017年6月5日終値)

日本電気<6701> 日足(SBI証券提供)

日本電気<6701> 日足(SBI証券提供)

【関連】日経平均株価に「2万4000円より上」はあり得るか?見極めのポイント=伊藤智洋

【関連】株価50倍を狙う個人投資家は「儲かる仕組み」を買いなさい=武田甲州

【関連】「ヘッジファンドの帝王」レイ・ダリオの先行き悲観論はどこまで正しいか=江守哲

相場の福の神 ニュースを半歩先読み』(2017年6月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場の福の神 ニュースを半歩先読み

[無料 ほぼ 平日刊]
まいど、相場の福の神こと、藤本 誠之です。原則毎営業日、その日の日本経済新聞のニュースから個別銘柄をご紹介いたします。SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト ITストラテジスト オールアバウト株式ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい