fbpx

ソ連時代からの研究がついに結実「快楽2倍の電流コンドーム」開発完了!

ロシアのとある企業が、SEXに“刺激”与えるべく、信じられない一品を開発した。

その名も通称、“電流コンドーム”。

なにやら、その表面から放たれる3.5ボルトの電流が、従来の2倍(製造者比)の快楽をもたらすそうなのだ。

170613konndo-mu_eye

その仕組みはある意味、とてもシンプル。

なんといってもただ、絶縁加工されたコンドームに小さなバッテリーを取りつけただけなのだから。

性器に電流というと、痛みも感じそうなものだがメーカーである『Ural』によると、そのような苦痛は全く、快楽だけが高まる設計になっているとのこと。

ちなみに、このコンドームのコンセプトはソ連時代にまで遡るそうだ。

なんでも、当時行われていたコンセントなどを使う“低圧電流プレイ”にインスピレーションを得たらしい。

ロシア人は、今も昔も変わらずスゴいな…。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:DailyStar/Would YOU use an electric condom? New contraceptive promises to double pleasure
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

【関連】ブラックスワンには早すぎる。ナスダックも日経平均も今からが上昇本番だ=江守哲

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい