fbpx

急に激減した芸術学校の生徒を増やすには?=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

S.Tさん 50歳女性のお悩み

「急に激減した芸術学校の生徒を増やすには?」

小さな芸術学校をやっていますが、最近急に生徒が激減して困っています。自分自身はさまざまな仕事から収入を得てなんとか生きています。

夫も芸術家ですが、日本に失望してアメリカに逃避してしまいました。子供は大学生がおり、学費の面でも夫から何も助けはありません。(ずっと子どものために貯蓄しておりましたので、現在はそれを使って学校に行けています)

夫は、精神にダメージを受け、恐らくもう元には戻らないと感じています。これから生徒を増やしていくには、どのようにすれば良いでしょうか?アドバイスをお願いします。

本田健のアドバイス

「宣伝方法や授業のスタイルなどを見直しましょう」

芸術学校とは、素敵ですね。これからの時代でも、アートを学びたいという人は絶対にいると思います。しかし、それは、今まで同じような形の学びに、授業料を払ってもらえるかとは別問題です。また、今までどのように学校を宣伝してきたのでしょうか?

もし、今まで何もしてきていないのなら、クリエィティブな形で学校を宣伝していくというのもいいでしょう。そういうのは、ビジネスだから、自分は得意ではないと感じていたとしたら、人をどうやって集めるのかも、アートだと考えてみてください

アートを学びたいという生徒さんは、教室に来るだけではなく、いろんな形で学べると思います。たとえば教室ではなく、屋外でやるとか、インターネットでやるなど、学ぶスタイルも含めて、見直してみましょう。

【初出:マネーのまぐまぐ! 2009年03月17日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー