fbpx

お金を貯めるべきか、経験を積むために使うべきか…=本田健

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』で有名なお金の専門家・本田健が、あなたの相談にあたたかくお答えします。幸せなお金持ちになるために、現在の自分には何が足りないのか? お金持ちの本質がわかります。(『本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密』本田健)

プロフィール:本田健(ほんだ けん)
神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタート。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。著書に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』など累計発行部数700万部を突破。

幸せなお金持ちとして生きるためのヒント

たっちゃん 26歳男性のお悩み

「お金を貯めるべきか、経験を積むために使うべきか…」

お金の使い方で迷っています。上司からは、「若いうちは貯金しなくていい、どんどん経験を積むために使え」と言われています。とはいえ、使いまくるのは心配です。また、親からは「しっかり若いうちから貯めておきなさい」と言われています。

いったいどちらが正しいのでしょうか? ほどほどにバランスを保って、本を買ったりセミナーに参加したりしていますが、人生の成功者である本田健さんはどちらの考えなのか、とても気になります。アドバイスをお願いします。

本田健のアドバイス

「若いうちは経験を積んで、将来稼ぐ力を身につけよう」

ちょうど、今、7月に出版予定の「経済自由人の金銭哲学」の本の最終稿をチェックしていたところです。その中に、ご質問の答えが書いあります。ちょっと、プレビュー的にお話ししますね。

その本の中で、「最初の一千万円は、自然に消えることを覚悟しておく」という章があります。貯金ばかりして、お金持ちになる人はいません。若いうちは、いろんな経験をしたり、人脈に投資したり、だまされたり、馬鹿なことにお金を使ってしまうものです。

そういうすべては、将来の役に立つと私は考えます。だから、最初に貯める1,000万円は、どうやっても消えてしまうけれど、気にしなくて良いよ、というのが、その趣旨です。

なので、私は、あなたの上司の方の意見に賛成です。でも、月に1,000円でもいいので、積立貯金はして下さい。それは、お金持ちへの癖づけのようなものです。

若いうちは、将来稼ぐ力を身につけるときです。安全に生きるのは、もう少し後でもできるので、興味があるものに、飛び込んでいって下さい。

【関連】将来の目標のために、就職をせず勉強に専念すべき?=本田健

【初出:マネーのまぐまぐ! 2008年06月09日】
※マネーのまぐまぐ!は、MONEY VOICEに統合されました。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本田健がこっそり教える 幸せな小金持ちになるための「お金と仕事」の秘密

[月額480円(税込) 毎週月曜日(年末年始を除く)]
700万部突破のベストセラー作家、本田健が送るメルマガ。幸せな小金持ちになるために知っておくべきお金と仕事の秘密とは?人生相談ができるQ&Aコーナーや名言なども紹介。大好きなことで経済的自由を手に入れる知恵が学べます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい