fbpx

Fedウォッチャーのグレッグ・イップが警告する「景気後退」4つの前兆=高梨彰

どの市場も「不意打ち」に脆い状態

どこの市場の値動きをみても、また実際に入ってみても、敗戦処理同士の動きが増えてきました。加えて日銀の株ETF買いのように、備える気を失わせるような動きが中央銀行自身から長期にわたって入り続けています。負け戦の程度が軽くなってしまうため、市場での危機感はなかなか高まってきません。

何と申しますか、不意討ちに脆い状態です。強い雇用統計のような経済指標の影響もさることながら、システム障害などにも注意が必要です。

何者かがサイバー攻撃を金融市場に仕掛けるならば、絶好のタイミングかもしれません。

今回のまとめ

  • Greg Ip氏、低失業率・株高の組み合わせを懸念
  • 今の経済環境は「景気後退の条件」に合致
  • サイバー攻撃を仕掛けるには絶好のタイミングでもある

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

・日銀の「誇大広告」(7/7)
・景気後退の条件にピッタリ(7/6)
・結局「全て先送り」かも(7/5)
・製造業のコメント「強い」です(7/4)
・都議選よりクローズライン(7/3)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

・株安・債券安と物価上昇率(6/30)
・サイバー攻撃を実感(6/29)
・「私たちの時代」って、いつ(6/28)
・相場の息苦しさと騒音と(6/27)
・高値警戒感燻る中での「出口論」(6/26)
・1面に「デフレに強く」(6/23)
・上昇しないインフレ率、上昇しない生産性(6/22)
・原油安+世界経済拡大(6/21)
・「一強」、歴史は「崩れるときは一瞬」と(6/20)
・都議会選、既に佳境(6/19)
・FPの記事に思うこと(6/16)
・Fed利上げ、長期金利低下要因かも(6/15)
・FOMC声明文、読んでみませんか(6/14)
・米FOMCを控え、待ちモード(6/13)
・略語が出ると、頂上近し(6/12)
・結局「FOMC後の米株」(6/9)
・中東情勢緊迫、でも原油5%安(6/8)
・イベントへの警戒も大切ですが(6/7)
・日本市場、梅雨入り間近(6/6)
・株はしぶとく、ドル円脆く(6/5)
・おこぼれ相場で2万円(6/2)
・6月、けっこう動きそう(6/1)

※6月以前に配信された記事を読むには、7月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2017年7月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】誰も止めはしない。株で人生逆転を狙うなら「死の商人」の上を行け=鈴木傾城

【関連】「相場の名人」も人工知能には勝てないのか?人間を凌駕するアルゴ=高梨彰

【関連】「朝一サイバー攻撃」で実感! 個人投資家のあるべきリスク管理と平常心=高梨彰

1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2017年7月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー