fbpx

なぜ米大統領選の投票日は「火曜」なのか? 国民目線の合理的理由とは

いよいよ始まるアメリカ合衆国の大統領選挙。

その注目度も最高潮に達しようとしているこの政治的イベントだが、実はその投票が今回のみならず伝統的に平日に行われていることをご存知だろうか?

普通に考えれば不便極まりない話なのだが、そこは民主主義の国。働く人たちに不便が及ばないようにする、まさに国民目線のフォローが存在しているのだ。

民間はもちろん、なんと公務員も選挙のためなら早退や時間単位の休暇が認められているのだ。

確かにせっかくの休日にわざわざ投票場まで足を運ぶとなると、公民問わずそれだけでウンザリしてしまう人もいるだろう。そんな彼らに仕事のついでとして一票を入れさせる。

これは慣習を差し引いても、なかなかに合理的なのではないだろか?

Twitter上の反応

関連:Wikipedia/平日投票
画像出典:Amazon/マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】米大統領選に固唾を呑む市場。ヒラリーでもトランプでも株高・ドル高は続く=矢口新

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー