fbpx

完全に土俵を割った「改憲ひとり相撲」安倍政権はいつ終わるのか?=高野孟

万一、安倍首相が18年9月に3選を果たしたとしても…

ほとんどあり得ないことだが、仮に安倍が18年9月に3選を果たしたとして、衆参で3分の2を確保できているのは同年12月13日の衆院議員の任期切れまでなので、それまでに慌ただしく発議しなければならず、ましてや衆議院選挙国民投票をダブルでやろうとすれば、発議後60~180日で投票と定められているので、10月前半に発議しなければならない。これは、政権によほど力が溢れていても突破するのが難しい難局で下り坂の政権では到底無理だろう。

こうして見ると、安倍改憲は、

  1. 自民党内が安倍の「9条加憲論」というフォークボールのような案でまとまるのか
  2. それに公明党野党は乗ってくるのか
  3. 民進党はじめ野党4党はこの案では乗ってこないので、その場合、強行採決で発議に持ち込むのか
  4. 発議しないうちに自民党総裁選が来てしまって3選できるのか
  5. 仮にできたとして衆院選前に発議できるのか

等々、いくつもの高いハードルを乗り越えなくては実現しない――というか、この(1)か(2)あたりでもう引っかかって立ち往生することになる可能性が大きい。
続きはご購読ください。初月無料です<残約7800文字>

大日本主義の徒花 「安倍政治」に対抗するヴィジョンとは

無謀な突撃こそ記者の本源


※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2017年8月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した全文もすぐ読めます。

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

・安倍政権はいつ終わるのか?(8/7)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

8月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

7月配信分
・枝野代表で民進党は立ち直れるか?(7/31)
・すでに崩壊した「アベノミクス」の虚構(7/24)
・一天俄に掻き曇り一気に乱気流に突入した安倍政権(7/17)
・米国は対北朝鮮の軍事攻撃オプショ ンを選択しない(7/10)
・誇大妄想の産物としての陸自「島嶼防衛論」(7/3)

6月配信分
・民進党をいったいどうしたらいいのか《その3》(6/26)
・民進党をいったいどうしたらいいのか《その2》(6/19)
・民進党をいったいどうしたらいいのか《その1》(6/12)
・米朝双方が“先制攻撃”をしなければ戦争は起きない(6/5)

5月配信分
・「東アジア《何でもかんでも》共同体」という想像力(5/29)
・新たな改憲ギャンブルに打って出た安倍政権(5/22)
・文在寅政権登場で変わる?北東アジアの戦略構図(5/15)
・里山暮らしという21世紀的ライフスタイル(5/8)
・宙に浮く安倍政権の“戦争ごっこ”のはしゃぎぶり(5/1)

4月配信分
・続々・徹底検証!「中国脅威論」の嘘(4/24)
・続・徹底検証!「中国脅威論」の嘘(4/ 17)
・衝動的なシリア空爆で墓穴を掘ったトランプ政権(4/10)
・徹底検証!「中国脅威論」の嘘(4/3)

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

【関連】安倍改造「仕事人内閣」は仕事ができない? 支持率アップ次の一手とは=斎藤満

【関連】「死ぬまで働く明るい老後」の無残。なぜ日本の年金は破綻したのか?=矢口新

1 2 3

高野孟のTHE JOURNAL』(2017年8月7日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高野孟のTHE JOURNAL

[月額880円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー