“証券マンのセールストーク”が誕生させた、群馬の大投資家・Fさんの話

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家を振り返る本連載、今回は群馬県のFさんです。大投資家・Fさんが巨額の売買を繰り返す裏には、山崎氏との「二人三脚」がありました。

「100万株単位のペロを切れ!」大投資家・Fさんの誕生

私が野村証券の高崎支店(群馬県)で課長代理を務めていた昭和46(1971)年、当時の顧客にFさんという大投資家がおられた。

おられた、というのは実は正確ではない。僭越な表現になってしまうが「大投資家Fさん」は、Fさん自身と証券マンたる私との「合作」によってこの世に生まれたと自負している。

そしてFさんの存在が、その後の野村内における私のポジション、昇進・昇格の帰趨も決定づけた。

yamazaki_05_01

事のはじまりは高崎支店に転入直後、法人部出身の支店長による、こんな鶴の一声だった。

いま当店で最大の大手客の売買が3万株単位だ。そこで、1回の売買で100万株単位のペロを切る社内コンペをやろうではないか

当時の野村では、売買伝票を「ペロ」と呼び、売買伝票を成立させることを「ペロを切る」と表現した。よく働く仕事の虫がいれば「ペロイング・マシーン」などと呼んで畏敬したし、「あいつはタダのペロイング・マシーンではないぞ」と言えば「彼は仕事だけでなく一見識ある人物だ」の意味になった。

私は「100万株単位のペロ」を切るべく、支店長に頼んでロータリークラブの名簿を閲覧し、片端から面会アポを取っては訪問を繰り返した。

そこで出会ったのが群馬のFさんである。当時42歳のFさんは、だいたい3千株ずつ5~6銘柄に分散投資をしておられた。

私は、Fさんに持ち株すべてを売らせて2千万円を現金化し、それを担保に新たに信用取引で6千万円のポジションを建てる作戦を考えた。

田中角栄『日本列島改造論』を手に、いまこそ60円の新日鐵株を100万株買うべし、を当然の理屈を説く風で淡々と主張した。

「これを読めば鉄鋼株がこれから2倍になることが分かる、読んでください。じきに出遅れた連中が先を争って90円、100円を買いに来る、そこを売れば1回の投資で3千万円儲かります。2千万円の担保金は5千万になるはずです。信用取引の期限は6ヶ月だから充分に期間はあります」

かくして、Fさんは60円で買った新日鐵100万株を82円で売り抜けることに成功し、正味2千万円を儲けた。証拠金は4千万円に増え、より大きな建玉が可能となった。

Next: 狙いは三菱重工。信用建玉15億円、往復600万株のペロを切りまくる

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい