fbpx

日本を裏切ってAIIB(アジアインフラ銀)に加入するトランプ氏のアメリカ=田代尚機

アメリカは間もなくアジアインフラ設備投資銀行(AIIB)への加入を表明する可能性が高い。聯合早報(11月15日)、人民日報海外版(11月16日)、サウスチャイナ・モーニングポスト(11月11日)など、本土・香港で複数のマスコミが関連ニュースを報じている。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

ビジネスマンのトランプ氏が選ぶのは安倍総理ではなく習近平だ

トランプ大統領誕生で活発化するインフラ関連銘柄

A株市場ではこのところ、インフラ建設・エンジニアリング関連銘柄の値動きが活発である。特に、海外業務に強みがあるところの株価上昇が著しい。

アメリカ大統領選挙の結果が明らかになった11月9日の終値と11月25日の終値を比べると、

中国中治(上海A株、601618):20.2%上昇
山東路橋(深センA株、000498):14.5%上昇
中国鉄建(上海A株、601186):14.2%上昇

とそれぞれ上昇している。この間の上海総合指数の4.3%上昇や、深セン総合指数の3.0%上昇と比べると、大きくアウトパフォームしている。

【関連】「アジア覇権」を中国に任せるトランプ、日本は生き残れるのか?=石平

理由ははっきりしている。トランプ氏が新しい大統領に選ばれることに決まったからである。トランプ氏は大統領就任初日にTPPから離脱することを表明している。それは中国包囲網の大きな後退を意味する。

アメリカ、近くAIIBに参加表明か

さらに重要な話題が一つある。アメリカは間もなくアジアインフラ設備投資銀行(AIIB)への加入を表明する可能性が高いことである。聯合早報(11月15日)、人民日報海外版(11月16日)、サウスチャイナ・モーニングポスト(11月11日)など、本土・香港で複数のマスコミが関連ニュースを報じている。

聯合早報網訊は、「AIIBの金立群総裁は人民日報において、“トランプ氏の幕僚チームにおける多くの人々が、オバマ大統領がAIIBに参加したがらなかったのは間違いであると認識している。また、オバマ政権のある高官はAIIBに賛同していると聞いている。アメリカ政府が今後AIIBを支持したり、AIIBに参加する意思を示したりする可能性を排除することはできない”などと発言した」と報じている。

人民日報海外版では、「外交部の耿爽報道官は15日、記者会見の席上で、アメリカのAIIB加入問題について、“世界最大の経済大国であるアメリカがAIIBに加入することは好事である。中国側は発足当初から一貫して歓迎する態度である”と答えている」などと報道している。

記者がこうした質問をしたのは、サウスチャイナ・モーニングポストが11日、「トランプ氏の側近で上級顧問(安全保障担当)のジェームズ・ウールジー元CIA長官が金立群総裁と会見したときにアメリカがAIIBに参加しなかったのは間違いだと発言した」などと報道したことが背景にある。

Next: ビジネスマンであるトランプ氏はAIIBの利権に乗っかる

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい