fbpx

5件に1件の確率!「相続税の税務調査が入る家庭」の特徴とは?=小櫃麻衣

そもそも「税務調査」ってどんなもの?

続いて、そもそも「税務調査」ってどんなものなのか?ということについて説明します。

税務調査に入られる=悪いことをして取り調べられている」と思ってしまう方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。あくまでも税務署は被相続人の財産がどういった形で相続されたのかということを知りたいだけなのです。

税務調査と聞くと、いきなり捜査員が自宅に押し入ってきて調査を始めそうと感じるかもしれませんが、税務調査の対象になれば事前に担当者から連絡がきますし、調査当日も税務署からの質問に答えていくといった形式で調査が進んでいきます。

ちなみに大半の税務調査は任意調査です。

しかし、任意調査だからといって、実際に断ることは難しいですし、逆に非協力的な態度をすれば怪しまれる可能性もありますので、万が一任意調査の連絡が来たら、協力的な対応で臨むことをオススメします。

税務調査の対象になる確率は?

税務調査において気になる点。それは、どれぐらいの確率で税務調査の対象となるのか、またどういったご家庭に税務調査が入りやすいのかということだと思います。

確率で言いますと約20%、つまり5件に1件の割合で相続税の税務調査が行われていることになります!

ちなみに法人税や所得税においては、3%~5%の確率で税務調査対象になると言われておりますので、どれだけ相続税が税務調査対象になりやすいのかがおわかり頂けたかと思います。

Next: どんな家が税務調査の対象になるのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー