fbpx

【書評】そんな確定申告で大丈夫か?『税務署は3年泳がせる』が面白い=姫野秀喜

ヨンロク(4~6月)

■売上1000万円前後の調査はヨンロク

売上規模が1000万円前後の企業や個人事業主に対しては、4~6月に調査することが多い。

ヨンロクは期間が短いから簡単な調査が主流

■消費税の納税義務は「前々年」の売上高で決まる

売上が1000万円に届かなければ、消費税は申告義務が発生しない。※この売上とは「前々年」のこと。

注意しないといけない点は、前々年の課税売上が1000万円を超えていれば、申告しようとする年の課税売上金額が1000万円以下であっても申告しなければならないということ

ややこしいですが、ちゃんと覚えておかなくてはいけません。

総括

普通のサラリーマンには縁遠い存在の税務署ですが、不動産投資家にとってはある意味身近な存在です。この税金をちゃんと考慮することが、キャッシュ・フローを確保できるか否かの分水嶺ともなります。

そういう意味で税金回りの知識を身に着けることは成功する投資家になるための必須科目と言えるでしょう。

本書は税務調査官がどういうことを考えどういう風にふるまうのかが書かれている貴重な読み物だと思います。相手の人間性や組織の仕組みなどを知っておくことは、単なる節税テクニックを知ること以上に有益だと思います。

【関連】突撃取材「家主の私がレオパレスを訴えた理由」集団訴訟はなぜ起きたか?=姫野秀喜

【関連】【書評】老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路=姫野秀喜

【関連】マレーシア第2の都市・ジョホールバルが「廃墟化」するこれだけの理由=午堂登紀雄

1 2 3

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2016年12月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー