fbpx

【展望】トランプリスクと国内好決算の綱引き。日本市場は底固めの展開に=馬渕治好

盛りの花~世界経済・市場の注目点

<現時点で、国内企業の決算内容は良好>

このところ、日本では10~12月期の決算発表が盛んです。

ファクトセットの集計によれば、東証一部全上場企業のうち、876社(全体の44%)が10~12月期(ただし2月本決算企業などの9~11月期や、1月本決算企業などの8~10月期を含む)の決算発表を終えており、それらの企業全体の一株当たり利益は、前年比で33%増えています。

まだ決算発表を終えていない企業の分は、アナリストの予想平均値を使って、発表済み分と混ぜて集計すると、一株当たり利益は34%増益となり、3割程度の増益はほぼ確定でしょう。

事前のアナリスト予想の平均値では、1桁パーセントの増益が見込まれていましたので、想定以上の上振れです。また、自社の収益見通しを上方修正した企業は、発表済み企業のうち7割程度と報じられています。

2016年度を通じても、現在のアナリスト予想では、年度上期の減益を埋めて、3.5%程度の増益になると予想されています。

円相場が不安定なため、円高になった場合を懸念する声がありますが、多くの企業が極めて保守的な(円高水準の)円相場の前提を置いており、よほどの円高にならない限り、過度の懸念は不要でしょう。

また、為替と企業収益の関係については、米ドル建て日経平均の動きも注目されます。

実は米ドル建て日経平均株価は、昨年7月末から今年1月下旬にかけては、おおむね160ドルと167ドルの間のボックス圏での推移でした。

つまり、おおざっぱには、横ばいトレンドだったと言え、たとえば日経平均が5%上がった局面では、円相場が対米ドルで5%下落し、両者が打ち消し合っていた、ということです。

別の言い方をすれば、日経平均が5%上がったのは、円相場が5%安くなったためであり、円安以外には日本株(およびその背景となる企業収益)には何も良いことはなかった、という市場参加者の解釈だったわけです。

ところが米ドル建て日経平均は、直近では一時170ドルを上回る動きをみせ、先週末でも168ドルと、これまでのレンジ上限であった167ドルを超えたままです。この動きは、日本株にとって、円安以外に好材料が出てきた、と市場が判断していることを示しています。

今後も、日本企業の収益とそれに基づく国内株価の動向は、徐々に円相場離れをしていくと見込んでいます。
続きはご購読ください。初月無料です

馬渕治好氏のセミナー情報(2017年2月5日 12:00時点)

※当面の各地での自主開催セミナーは、下記の通りです。
すべて有料セミナーです(参加費、時間などは、それぞれ異なります)。学生の方には、学生無料枠もあります。カッコ内の数字は、(現時点での参加お申し込み数/定員)です。残席数は、10を下回った場合に表示しています。

3/4(土)横浜(神奈川県横浜市中区)(8/25)
3/12(日)浅草(東京都台東区)(14/20)(残席6)
3/18(土)高岡(富山県高岡市)(3/25)
3/26(日)葛西(東京都江戸川区)(5/25)
4/1(土)名古屋(愛知県名古屋市中村区)(8/25)
4/15(土)札幌(北海道札幌市中央区)(1/25)
4/22(土)大阪(大阪府大阪市中央区)(4/25)

なお、今回より、全ての地区のセミナーについて、参加費を4000円に統一しました。どうぞご容赦ください。

以上の諸セミナーについての、詳細やお申し込みは、
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub3.html
のページの下の方にある、セミナーのスケジュールから、それぞれのリンク先をご覧ください。

※「2月は自主開催セミナーがないのか」とガッカリなさっている方へ。ブーケ・ド・フルーレットの主催ではありませんが、自主開催セミナーに時間や内容等が最も近い形のセミナーが、アスリームの主催で2月11日(土)に開催されます。場所は東京日本橋ですが、動画ダウンロードも可能ですので、全国どこでも視聴できます。詳細やお申し込みは、
https://www.directform.info/form/f.do?id=4160
をご覧ください。

※上記以外のセミナーも、公開可能なもの(有料、無料にかかわらず、参加者が限定されていないもの)は掲載しています。

現時点で既にセミナーの開催が決定しているが、主催者が受付を開始していない、などの理由により掲載していないものも、セミナーの受付が開始され次第、順次掲載していきますので、お手数ですが、こまめに上記ページをご確認いただければと思います。


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』2017年2月5日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した「☆理解の種~世界経済・市場の用語などの解説<日銀の指値オペ>」もすぐ読めます。
1 2 3

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』(2017年2月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」

[月額1,650円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー