fbpx

クチャラーだけじゃない!銀座の美人ママ直伝「人に嫌われない食事」8つのマナー

「別の機会でも使いたくなるお店」が接待を成功させる

お食事するところも2次会以降で使うお店も、ワンランク上の高級感のあるお店が喜ばれますが、「美味しくて値段が手ごろなお得感のあるお店」も喜ばれます。

接待を受けている方が接待する側になることもあり、常に接待で使える良いお店を探しているからです。

その人が別の機会でも使いたくなるお店…そんなお店に連れて行ってあげられると、接待は成功です。

お食事するところの場合、そのお店のおすすめの品が、そのお客様が好きな食べ物だったりすると喜ばれます。

お客様の話を聞いていて「アジフライ」「ポテトサラダ」「卵焼き」が好きでこだわりがある方が多いように感じます。

その方の好みを会話の中から知り、その方が喜んでくれるお店にお連れできるといいですね。

ちょっとした打ち合わせの後に、接待とまではいかなくても、取引先の人と2人などの少人数で飲む機会もあるかもしれません。そんな時はその方が部下と気軽に行けたり、おひとりでフラリと立ち寄れるお店を選ばれると喜ばれます。

接待に慣れている人なら、わざとちょっと外した感じのお店をチョイスしたりしてもいいかもしれません。あるお客様がお食事に選んだのは、東京・神宮球場の近くにある宮崎料理を出す居酒屋…。お世辞にものキレイとは言えないお店ですが、そのお店にはヤクルトファンが集い、なんとヤクルトスワローズのキャラクター「つば九郎」の中に入っている方もみえています(笑)。また、新極真会の代表の緑健児さんや元宮崎県知事の東国原英夫さんがみえていたりと、知る人ぞ知るお店です。

ここにお連れしたのは、ヤクルトファンのお客様…喜ばれないはずがありません。

こんな風に相手が喜んでくれそうなお店を選ぶためには日頃からアンテナを立ててリサーチし、また通ってお店の人と仲良くなっておくことが大切です。

Next: 利美ママ厳選お薦めギフト:女性が必ず喜ぶ5,000円以下のアイテム

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー