fbpx

値動きの軽い銘柄の板情報に買いのサインが!今週の相場まとめ&来週の展望

今週の株式相場は、利益確定売りが重しとなった先週の流れから、月曜日は買い先行から伸び悩み。火曜日に売り込まれると、水曜日も見直しが進まず。ただ、木曜日に買い直されると、金曜日も堅調に推移しており、週央安の展開となっています。

日経平均株価は、先週末の2万400円台から、月曜日は2万500円台から伸び悩んで5日移動平均線割れ。火曜日は360円安で2万100円割れ。水曜日も2万200円台まで戻したあと25日移動平均線割れで、一時大台となる2万円割れも意識されたものの、木曜日に一転して移動平均線奪回から2万300円まで戻すと、金曜日には2万400円台まで戻しており、週半ばの下落が目立ちました。

日経平均株価チャート 2015年6月12日終値(クリックすると拡大します)

日経平均株価チャート 2015年6月12日終値(クリックすると拡大します)

月曜日には、米雇用統計で雇用市場の改善が示され、為替市場ではドルが全面高となり、円相場も1ドル125円台後半に。1月~3月期のGDP改定値の上方修正などもあり東京市場では買いが先行したものの、金利上昇や円買い圧力とともに売り直される展開。株価指数は直近高安間で水準を探る動きを見せました。

ただ、火曜日には、欧州株がほぼ全面安となったことを嫌気して米国市場もハイテク株主導で下落する軟調な外部要因に加え、14時に伝わった消費動向調査では消費者心理の判断を「持ち直している」から「持ち直しのテンポが緩やかになっている」への下方修正されたことを切っ掛けに先物主導で後場一段安。日経平均株価は360.89円安の2万96.30円とほぼ全面安商状となり、日経平均の下げ幅は今年3番目の大きさで、直近安値割れからの下放れにより市場参加者の買い気を後退させる流れに。

水曜日には、前営業日調整からの見直し買いが先行しましたが、後場の戻り一服局面で黒田日銀総裁の「ここからさらに円安になりそうにない」との発言を受けて1ドル124円台半ばから1ドル122円台まで急速な円高が見られると、株価指数はマイナス転換。前日日49.94円安の2万46.36円と、2万円の大台割れも目前に。チャート上でも日経平均株価は25日移動平均線(6月10日時点、2万125.57円)を明確に割れてきたことで、調整懸念が高まりました。

その後の海外市場で1ドル122円台から1ドル123円台まで円買い圧力をこなすと、米国市場でもダウが236ドル高と上昇するとともにドルも見直される動き。外部要因改善の木曜日には買い気も戻り、日経平均株価の25日移動平均線(6月11日時点、2万169.21円)、5日移動平均線(6月11日時点、2万288.74円)奪回を果たしてデッドクロスを回避するとともに8日から9日の急落で生じた窓埋めも果たしています。

金曜日も堅調な外部要因のもと利益確定売りをこなしつつ押し目買い優位の買い先行の展開となったものの、寄り付き算出のSQ概算値が2万473.83円と伝わると、やや高めに決まったSQ値により上値の重い展開となり、原資産である日経平均株価は日中推移で上回れず、通称「幻のSQ値」に。もう一方の株価指数でもあるTOPIXでもSQ概算値1654.28ポイントを上回れず、同様に「幻のSQ値」となりました。

さて、相場は調整から持ち直したとはいえ、来週には米国でFOMC(連邦公開市場委員会)、国内でも日銀金融政策決定会合の金融政策イベントが控えます。今週も経済指標や要人発言で為替相場が急変動、連れて相場も動きましたが、金融政策確認時には今週同様の波乱も警戒されるところ。一方、物色傾向では指数とともに底堅く推移した中核銘柄に対し、コンテンツ関連、セキュリティ関連、マイナンバー関連などの値動きが目立っています。

相場の先行きが見極めにくいなか、相場の流れに付くならば「低売買単価銘柄」の打診売買で引き続き臨みたいところ。イベント睨みで相場が膠着する局面ではテーマ株、材料株の短期売買に資金集中が期待できるでしょう。さらに来週には新規公開株(IPO)も4銘柄がスタンバイ、活発な短期資金循環が見込まれるのではないでしょうか。

そこで来週は「値動きの軽い銘柄の板情報」に注目してみてください。

指値注文の集積でもある「板情報」には、その銘柄の需給状況が反映されています。値動きや歩み値など株価推移を逐一確認しながら日中の流れにつくことができれば、値動きの軽い銘柄を対象としたデイトレードを繰り返して利益を上げることもできるのではないでしょうか。

無料メルマガ好評配信中

プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。

[無料 日刊]
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手にし続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。

ご購読はこちら!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー