fbpx

バフェット流はもう時代遅れなのか? 一流の投資家が見誤った産業構造の変化=東条雅彦

本稿のまとめ

<1>

経済の主体が物理空間から情報空間に遷移することで、あらゆる産業分野で変革が起きる。

<2>

現在の仮想通貨の暴騰が仮にバブルだったとしても、その後に、本物の通貨革命がやってくる。
・ドットコムバブル=AI革命の前哨戦
・仮想通貨バブル=通貨革命の前哨戦

<3>

バフェットが好んでいる金融業も今後は不確定要素が多い。仮想通貨は少なくとも「海外送金」の分野では経済的なメリットがあるため、仮想通貨が普及していく可能性が高い。銀行は今までのように多額の仲介手数料を徴収することは難しくなると予想される。

<4>

産業構造が大きく変化している現代において、消費者独占型企業の選定が難しくなってきている。対応方法として、次の2つの方法が有効だと思われる。

方法1:ハイテク企業が破壊できない(または破壊しにくい)消費者独占型企業に投資する

方法2:ワイドモートを持つハイテク企業に投資して、AI革命を推進する側に回る

<5>

ブランド企業のランキング上位はいつの間にかハイテク企業ばかりになってしまった。経済は変化しているので、投資家も変化しなければいけない。

image by:Wikimedia Commons

【関連】中国はなぜビットコインを潰しにかかったのか? 不都合な規制の裏側(前編)=高島康司

【関連】毎年恒例、各社の「2018年びっくり10大予想」を深読みして見えてきたもの=東条雅彦

【関連】なぜ今、賢人バフェットはキャッシュポジションを増やしているのか?=東条雅彦

【関連】「人生どのタイミングで結婚相手を決めるべきか?」を数学的に解明する Secretary Problem=三浦茜

1 2 3 4 5 6 7

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2018年2月4日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー