fbpx

日本株の暴落リスクは外部要因に非ず。超緩和の長期化がもたらす2つの副作用=山崎和邦

副作用その2:設備投資計画の大幅な増加

日本株の修羅場は、実はNY株や上海株や為替相場よりも、日本国内の超緩和の副作用がもたらすことになるもかもしれない。

これについて言われていることは、一般的に以下である。

  1. 銀行収益が減少し、銀行の体力弱体化による金融仲介機能の低迷
  2. 年金・生保などの運用難
  3. 市場流動性の低下

ところが、もう1つある。

6月調査の日銀短観では、設備投資計画の大幅な増加が久しぶりに示された。大企業ベースで前年度比+13.6%という数値は実にバブル期ピークを超える

後で振り返ってみれば、「あの超低金利によってバブル期最盛時を超えた設備投資計画の大幅な増加があったのだ。あれは超低金利の副作用だったのではないかということになる恐れが大いにある。

今から副作用を計測するのは、相当な複雑さを伴う。銀行の体力弱体化は誰にも見えていることであるが、企業がバブル期ピークを超えるほどの設備投資行動を起こすというリスクはやはり副作用の1つであろう。

わかっていても為す術がない黒田日銀総裁

昨年11月に黒田総裁が「リバーサルレート」(低すぎて金融緩和効果を減じてしまう金利水準)について言及した。黒田総裁が自ら超緩和の副作用を直視したことになる。

大蔵官僚出身で外為の責任者も務めた黒田総裁である。すべては読めていると思う。読めていてどうしようもないところに彼の悲劇がある。

2013年に登場し、異次元緩和によって株価を上げて円安を導き、1円の介入もなしで着任当時の90円を125.8円までもっていき「黒田バズーカ」と言われた。あの時、黒田さんは「英雄」だった。

しかし筆者は当時、「英雄の末路憐れむべし」と書いた。ハンニバル、シーザー、ナポレオン、平維盛、織田信長ほか、英雄の末路は悲劇で終わる。すべてをわかっていながら、どうしようもない彼の立場には大いに同情はする。

日本株の修羅場は、実はNY株や上海株や為替相場よりも、日本国内の超緩和の副作用がもたらすことになるもかもしれない。

続きはご購読ください。初月無料です<残約14,700文字>

先週後半からの弱含みの背景

現状は「理想売り」なのか「現実買い」なのか、混迷の最中にある

株価だけではなく、経済そのものが日本は出遅れている

上海株式市場の分析

トランプの強硬な貿易政策はまだ始まったばかり

トランプの対中政策は、1930年代の対日本・対ドイツを思い出させる

トランプの保護貿易主義にFRB議長が警鐘

NY株式は上昇基調に復帰したという理屈

年末に向けての米国株相場展望

FRBによる利上げペースを抑制する要因

ドル信任はますます高まる可能性

イラン原油、輸入停止に向けて調整

東京原油先物が下落

米露接近に不安増す世界

※これらの項目は有料メルマガ限定コンテンツです。→ いますぐ初月無料購読!

image by:Flickr

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年7月23日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】「資産は貯金だけ」がいちばん悲惨。日銀「緩和の副作用」で国民はますます貧乏に=斎藤満

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

1 2

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年7月23日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー