【7月米雇用統計】利上げは今年で打ち止めか。鍵を握る平均時給でドル円はどう動く?=ゆきママ

投資家にとってのプレミアム・フライデー、今日は米雇用統計が21時30分(日本時間)に発表されます。今回も最大の焦点は平均時給(賃金上昇率)となり、先の先を見据えた市場を満足させられるかが鍵となりそうです。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今夜は1ドル=111.4~112.2円を想定。有効なトレード戦略は?

今年4回の利上げは確定的!

2日未明に発表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の政策声明では、アメリカの経済活動が力強い速度で拡大しているとの景気判断もあり、次回9月、さらに12月の2回の利上げは、ほぼ確実視されています。

実際問題として、アメリカの景気は非常に良く、企業収益も過去最高レベルに高まっています。アメリカ一強、ドル一強という構図です。

一方で、完全雇用により加速度的に上がると期待されていた賃金の伸びは停滞を続けており、当然、個人消費もイマイチ。来年にはリセッション(景気後退局面)入りとの声も強く、警戒感を滲ませるエコノミストも多いのが現状です。

注目は来年の利上げへ…

こういった背景から、今年いっぱいは利上げするにしても、来年はそろそろ打ち止めでは?といった見方が強まっています。いわゆる中立金利(景気に対して緩和的でも引き締め的でもない中立的な金利)に近づいているということですね。

というわけで、これまで通り米金利高≒ドル高と材料視するサイクルが続くのであれば、来年以降も利上げを継続するというシナリオが必要になってきそうで、そのためには何度も繰り返している通り、平均時給の伸びが鍵となるでしょう。

すでに市場は今年残り2回の利上げは織り込んでいますし、アメリカ経済が好調なのは百も承知。今日はプラスアルファ的な要素が出てこないと、上値を伸ばしていくのは少し厳しい気がします。

Next: ひたすらレンジ感が漂うドル円。気になる先行指標や事前予想値は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい