fbpx

【7月米雇用統計】利上げは今年で打ち止めか。鍵を握る平均時給でドル円はどう動く?=ゆきママ

今夜はレンジ想定でエントリーを! 1ドル=111.40~112.20円を想定

なので、トレード戦略としては、まずまず良好な数字が出ると考えるのであれば、現状の水準(1ドル=111.65円)のレンジ下限付近からのロング・押し目買いということになるでしょう。平均時給が予想を上回ってくれば、追っかけ買いもありだとは思います。

ただし、112円台の定着には失敗していますし、先月も年初来高値にチャレンジしたものの、見事に失敗してしまいましたから、112円台は基本的に叩かれやすい水準であり、売り場を探すのが無難といったところでしょう。

112.20円といったレンジ上限をあっさり突き抜けない限りは、112.00円近辺では利食いして、様子を見ながらショートするタイミングを狙っていきたいですね。

というわけで、今夜の雇用統計はレンジ想定で上下でエントリーを狙っていけば良いのかなと思います。

また、何度も書いている通り、指標でトレンドが発生するのは稀ですから、事前予想値からよほどの乖離がない限りは、基本的に全戻しパターンを想定しておきましょう。

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】「先進国で日本がいちばんヤバい」IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに

【関連】日本経済はすでにインフレ転換…米国やIMFも指摘する「実質賃金」の不気味な上昇

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年8月3日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」

[月額1,980円(税込) 毎週日曜日]
ゆきママの視点から、毎週の為替相場見通しやチャート分析、トレードアイディアなどを提供します。解りやすい解説を心がけていますので、ぜひ初心者の方もお読みいただければ幸いです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー